SSブログ

初のマゴチ釣り オット沈む [釣り]

5月、最近よくヒラメや真鯛でお世話になった
あままさ丸という船宿が事故の当事者となりました

船長はとても良い方で
オットは「なんだかヒラメはぼかぁ釣れないけど
あままさ丸だったらまぁ頑張れる」というほど
面倒を見てくれます

このような事故が起きたことは
我々にとっても鉛をのんだような気持ちに
なりますが、車の運転にしたって同じようなことは
有る話だし、我々も船の上でも想定して
場所取りや移動中の姿勢などを
考えるきっかけになりました

そして5月は久しぶりに東京湾にマゴチを
釣りに行くことにしました

濱正丸という、マゴチで有名どころの船です

川沿いの船着き場から乗るのだけど
乗る時は慌てていて写真撮れなかった
(これは帰ってきたときの写真)
IMG_6226.jpg

出船します
IMG_6217.jpg
餌はサイマキ海老といって、車海老の小型
マゴチは初めてです、というと中乗りさん
(要は船のスタッフ)に言うと
海老の付け方から釣り方から親切に教えてくれました

言われた通りにやるものの、釣れない

誰も釣れていない

船は何度か移動を繰り返して
そのうち前の方でパタパタッと釣れ始めました

船長が「前前前 !! 右前だよ !!」とマイクで怒鳴ると
中乗りさんが飛んでいく

私たち、こないね…

オットが「キター!!」と言うと
中乗りさんがすっとんできます

上がってきたのはフグ
しかもそれなりのサイズ
IMG_6232.jpg
船宿でさばいてくれるというので
タグ代わりの安全ピンを付けて
生け簀に入れさせてもらいます

中乗りさんが「これは赤目フグで
寝かせるトラとおなじぐらい美味しいよ」
と教えてくれます

(中乗りさんは親切だけど船長がおっかない)

実は先月真鯛釣りに行ったとき
私は赤目フグを4匹も釣って
これまた船宿で捌いてもらったので
毎日キッチンペーパーを替えてお世話をして
1週間後に食べたのでした

美味しかったからなぁ
良かったね、と言ったら
オットは「なぜボクはフグ…」とボヤいている

私なんか途中で眠くて眠くて仕方がない

どうしよう、眠い…

船長が「集中集中!」と言うのだけど
なんか目の覚める良いアタリがこないかなー

と思ったら!

グッグッググーーー と穂先が引っ張られます

ハッ、これは!!

大きく竿を煽ると、乗りましたー!!
「キター」と言うとまた中乗りさんがすっ飛んできて
タモ入れしてくれました

初のマゴチ
IMG_6220.jpg
ちょっと小さめであるが40cm以上はあるだろう

その後も船中では時々「きたー!」と
釣れています

………。 

オットは沈黙
オットとその左隣の人だけが釣れていなくて
若い中乗りさんにも「頑張ってよ、この2人だけだよ」
とか言われてるけど、オットと左の人は
「アタリがないから釣れる気がしない…。」と
苦笑いしている

「ちょっとあなた、なんか匂うわよ
ボウズ臭がする」と言うと「ボウズかもなぁ~」
とか言ってる

そしたらそのうち左隣の人はさらに隣の人とまつって
上げてきたら「釣れてた」ってマゴチゲット

オットは最後までマゴチの顔を見ることはなく
またしても0という結果に沈んだのでした

一番釣れた人は7匹とか言ってたから
なにがいけないのかってことになるんだけど
今回あ釣り座が真ん中だったのがいけなかったっぽい

まぁそういうこともあるよねー


このような工場地帯を見ながらの釣りは
東京湾という感じ
IMG_6233.JPG

そんなわけで最初の写真の船着き場に戻る

うーむ
マゴチ釣り
楽しさが良くわからなかった

それにしても、今まで東京湾、相模湾、大原沖
ぐらいしか行ったことないけど
東京湾の船長たちはおっかない

松輪なんかイナダの聖地みたいなとこだから
私らなんか行ったら「邪魔だ邪魔だー!」とかいって
キャリーカートで轢き殺されるかもしれない
とか言ってたのに、全然そんなことなく穏やかだったし
大原も、全国から猛者が集まるんだから
これは覚悟していかねば、とか言ってたら
穏やかだし丁寧だし、お客さんもギリギリしてない

東京湾が一番口調が荒くておっかない、って
海の荒さと反比例な感じ

マゴチ釣り、もうちょっとやってみたいけど
どこも船宿は場所取りが先着順だったり
整理券が無視されて常連優先になったり
なーんか良い感じがしない

やっぱりあままさ丸がお休みなのが手痛い

来月はアジかなぁ
なんだろー
オットに釣れる釣り…

新年初回のカワハギ釣りで竿頭になったオットは
「今年は良い年になりそう♡」とか言ってたのに
なぜか毎度釣れなくて
そうなると帰りの車の中とか不穏な空気になるんだよなー

そういう意味でも毎回釣れてくれぇー
と祈っているのだけど
まぁナゼか釣れないていう 笑


これは前回釣った赤目フグ
IMG_6138.JPG
実家に持って帰って薄造りで食べた次第
IMG_6131.jpg
毎日お世話した甲斐があった



nice!(15)  コメント(6) 

ヤカンの世代交代 [家]

ログインパスワードを忘れるぐらい
触っていなかったという…

身体的な疲労と精神的な疲労が重なって
人として機能していなかったこの頃です

COVID-19のワクチンは2回接種が終わりました
1回目で39度の発熱があり、
2回目は発熱はなくて肩の痛みが
尋常でなかった

副反応としては発熱、倦怠感、嘔気、他
あげられていますが
何もなく元気なまま経過している人と
強く反応する人がいて、私は後者でした

そして副反応としては2回目の方が
1回目より高い、というのに
私は1回目で発熱したということは
どこかですでに貰っていたのでは
…という疑惑があります

昨年の2月の半ばから10日間
40度近く発熱して2週間仕事を休み、
レントゲン上「何らかのウイルスによる肺炎」
と言われていたのはやはりアレ… 

まだあの頃は湖北省への渡航歴がないというだけで
PCR検査対象外だったしなぁ


仕事はまたちょっと環境が変わって
心が折れることが毎日続いております

休みの日はずっと寝てて回復が遅い
家の中もグッチャグチャ

オットがルンバをかけて適度に保ってるのを
いいことに、私は掃除からも炊事からも
完全にドロップアウトしていた

洗濯物はちゃんとカゴに入れる
というのだけ守ってた、という
どんだけだよという低レベル加減

今週はGWの分で4連休があって3日も休むと
ようやくちょっと「これは汚い」とか
「ホコリがある」と判別できるようになったので
掃除に勤しみ、味噌も仕込んだ

3月に買っておいた麹、ダメにするとこだった

あー健康って大事


そんなわけで琺瑯のヤカンの傷も
もうだいぶキテることを認めて諦め、
新しいヤカンを下ろしました

15年ぐらいかなぁ、もっとかなぁ
ずっと使ってきたエジリ―のヤカン
IMG_6166.jpg
独身の時は1口のガスコンロだったから
油跳ねも何もなかったのだけど
結婚してからの家は台所に置いておく=汚れが跳ねる
ので、表面の掃除が必須なのでした

そしてその表面の掃除に
焦げ落としスポンジなんか使ったもんで
細かい傷が付き、そこにまた汚れが入り込み…
IMG_6167.jpg
ってことになってしまった

琺瑯に付いた汚れは
重曹とメラミンスポンジで綺麗に落ちるので
焦げ落としなどは使ってはいけないんですよ

キッチンハイターなんかで
何とか綺麗にしてきたけど
最近は「これが限界」になってしまった

新しいヤカンもエジリ―
コッチの方が楕円
IMG_6164.jpg
注ぎ口は前の方が良かったし
蓋も上に穴が開いている仕様なので
レトロというか昔のヤカンに準ずる作り

前のと同じのが見つからなかったのは残念
野田琺瑯は会社としては好きだけど
ヤカンについては形が今イチ好きではない

とりあえず新旧交代
IMG_6169.jpg

そしてエジリ―というメーカーは
2012年に廃業されたんですね
これまた愛知のメーカーです

久松といい、ストウブのナス色といい
野田琺瑯の赤ラインといい
私が好きなものはなぜいつも
廃業や廃番になってしまうのか、という謎

気に入ったものは2つ買っておかねば…ってなるので
自分の部屋の納戸化が止まらない



4日間休んでちょっと取り戻した
やっぱり人間休息って必要だわ

そして脳みそにかぶせるヘルメットが欲しい




nice!(16)  コメント(12)