SSブログ
前の10件 | -

ツケモノ、初めて松阪牛を食べる [ごはん]

今年、車を買い替えたのだけど
その時にディーラーからもらったカタログギフト

お好きなものを選んでください、って
これよりキャッシュバックしてくれた方がいいのにー
とか言いながら半年ぐらい経ちかけ
期限ギリギリになって
「トラフグにするか松阪牛にするか」と
絞り込んだ中から選択に悩み
結局「食べたことがない」という理由で
松阪牛にしてみました


翌月は父の誕生日だからお祝いにもっていこう

冷凍で届いた600gのパックは
あまり華が無くて、「あれ…」と肩透かしを
食らった気分


農協で横浜牛も少し買い足して実家に行きました
前日から冷蔵庫で解凍しておいたお肉は
ガチガチのラップを取ったら「お? これは良さそう」

父はすき焼きには一家言あるタイプ

「おまえ…先にネギ焼くか?(焼くよな?)」
なんか心配しているけど私だって長いこと
娘をやってきてるから
「すき煮じゃないんだ、すき焼きなんだ」
という主張は理解している

それで牛脂をよく焼いてネギをいいだけ並べて焼き
香りを移したら松阪牛を並べます
良い感じに解凍されていて良いヨイ

父は結局「砂糖を…」とかいって
自分で砂糖を乗せて割下をかけて奉行になっている

卵用意! 養鶏場で買ってきた新鮮卵を
器に割ってといておいて

わーっと色が変わってきて湯気が立ちのぼり
ひっくり返したら「美味しそう!」
なんかもうその頃にはみんなで総立ちになっていた 笑
IMG_6590.jpg
私なんか写真撮るのに慌ててお箸が転がってる始末

それぞれ「早く早く」と取り分けて食べたら
「えー美味しい~~~~!」ってなった

美味しいねー、つぎ、横浜牛
って横浜牛を同じようにやったら
「これでも美味しいと思ってたけどやっぱり松阪牛…」
って「さっきみたいに感動までしない」
「ま、美味しいけど」

では気を取り直して再び松阪牛
「やっぱりこれは美味しい、
松阪牛松阪牛って言うだけある」

横浜牛で松阪牛の美味しさを知るという
試金石みたいな扱いになってしまったけど
これはこれで、なかったら「松阪牛は美味しかったけど
別にそこまでねぇ~横浜牛だって美味しいよねぇ~」
とか言って、分からなかったと思う

なんかそれぐらい美味しかった

全部で800gちょっとあったお肉は
すっかりなくなったのでした


最初はキャッシュバックの方が、とか思ったけど
キャッシュバックだったら松阪牛は買わなかっただろうし
何に使ったか曖昧になっていただろうから
結果カタログギフトで良かったと思われます


全国いろいろブランド肉があるけど
松阪牛美味しかったなぁー



nice!(22)  コメント(16) 

あんずジャムをしこたま作ったのとドクダミ茶ができたのと [季節行事]

今年はあんずが不作なんだそうですよー
春に低温で霜が降りたことが原因のようです

梅にしろあんずにしろ、花が落ちてからの霜は
実がダメになってしまうから恐ろしいものです

不作といっても全くないわけではなく
例年通りあんずがやってきました
IMG_6477.jpg
去年作ったジャムは150mlの小瓶に
10個ぐらいあったのだけど
お菓子に使ったのと何しろオットが好物

あっという間にはけてしまい
スーパーで有名どころの杏ジャムを買ってみたら
シャバシャバで果肉ありますか的な薄さ
全然美味しくない

そしたら納戸と化している私の部屋のクローゼットから
「これあんずジャムだ!」去年のシロップ漬けと共に
1個発掘されたので、オットは喜んでちまちま食べている

今年はたくさん作っておかなければー

この時やってきたのは信州サワーという品種
IMG_6478.jpg
これをジャムにしていきます

35%のグラニュー糖をかけて置いておきます
IMG_6494.jpg
種を取っておいて中の仁を出します
IMG_6497.jpg
1日経ってすっかり水が上がったあんずと杏仁
IMG_6499.jpg

アクを取りながら20分煮上げるのだけど
大鍋にいっぱいになってしまったから
混ぜるのが大変で実が崩れやすいー
IMG_6501.jpg
そしてやや酸味が勝っているので
さらに砂糖を追加して40%にしてみました

杏仁2粒と一緒に瓶詰めして脱気
IMG_6503.jpg
裏返して蓋の裏も殺菌
IMG_6504.jpg
今年は400mlぐらいの瓶にした

オットに試食を出したら
「美味しい、なんというか、バランスが良い。
整っている。でも去年の方が美味しいような…」
食べ比べてみて「香りだ、香りが違う」

それはねーきっと保存期間の問題だと思う
杏仁の香りがしっかり移ったってことじゃないかなー
品種的には同じだもの


割った杏仁でまた杏仁豆腐を作って
職場にも持って行ったら大好評でした
杏仁豆腐って好きな人多いんですね
「杏仁豆腐の素を買って作ったりする」とか
「好きで買ってきて食べる」という人もいて
ちょっと驚き

杏仁豆腐をわざわざ買ったことってない
中華屋さんで頼んでもないのにオマケで出てきて
牛乳寒天にパイナップルの缶詰とシロップを
掛けられたやつーぐらいしか思ってなかったから
好きとか嫌いとかでもなく圏外って感じだった
(生活レベルがバレる)

後日、信山丸という品種も届いて
これはあんず酒1つとあんずシロップを作成して
残りを瓶2つ分のジャムにしたのだけど
こっちの方が香りが良いのと
ジャムが崩れにくくて私は好み

来年からは信山丸一択で良いかもしれない


そして少し前に
実家の裏庭から引っこ抜いてきたドクダミは
洗って束ねて物干し竿に干しておいたら
2週間ぐらいですっかりカラカラに乾燥しました
IMG_6527.jpg
ハサミで茎をカットしながら葉っぱを掴んで
砕いていきます
IMG_6528.jpg
今年のドクダミ茶、できましたー
IMG_6529.jpg



nice!(26)  コメント(20) 

十郎梅を漬けたり煮たり [漬物]

先日小田原で購入してきた十郎
熟した順に漬けていきます

朝から農協に紫蘇を買いに行きます

8:30amに開店する農協、
朝早くいかないと売り切れちゃうよー、って
オットに車を出してもらって8:40amには着いたのに
赤紫蘇をカゴ山盛りにした人達が続々と出てくる
皆さんすごい量

あららららら…と店内に入ったら
あぶなーい! こんだけ、って
小さい山しか残ってなかった!!

売り場にAさんBさんの2名の生産者分が
出ていたのだけど、Aさんが人気
洗い立てで水が付いているのもあって新鮮 ! って感じ
だけど紫蘇の色がBさんの方が綺麗
お値段もBさんの方が高い

どっちだ…どっちがいいんだ…
どっちも良いけど敢えて言うならどっちなんだ
葉っぱを観察すると、Bさんの方が赤い
どっちの生産者の方も例年買っているけど
今年は明らかに葉っぱの色が違う

…Bさんの方が良い…か…??

…Bさんのを主に買って
足りない分はAさんのを買うことにする
IMG_6388.jpg
私もバサバサとカゴに入れて
トウモロコシなんかも買って帰ります
IMG_6389.jpg
あと5分遅かったら買いそびれるところだった
危ない危ない

今年のオット
IMG_6394.jpg

今年の水まんじゅう
IMG_6428.jpg
この後はヘタ取りと洗浄、拭き上げて塩

紫蘇の葉っぱをもいで洗浄して塩もみして
一緒にジップロックに入れていきます
IMG_6461r.jpg

そんなこんなでこの日は5kgを
ジップロック漬けにして終了
IMG_6411.jpg

翌日、紫蘇の残りをやっつけてしまわねば

「がんばってー」
IMG_6418.jpg
丹波黒がボウルに無理やり入っていた

これから紫蘇、やるぞー
IMG_6422.jpg
「なんだコレは」大福がガン飛ばしてきた

ところで左がAさん、右がBさん
IMG_6423.jpg
2回アク抜きをして絞った汁
IMG_6424.jpg
どうですかこれは 
Bさんの方がめっちゃくちゃ発色良くないですか
紫が綺麗でアクが少なめ

紫蘇は交雑が進みやすいらしいから
今年は種を撒き直したとかなんかあるのかも
これはすごくよく染まりそう♡

「いまだに新しい発見があるんだねえ」と言われて
確かにねぇ

ジップロックに入れて今年の鯨肉
IMG_6425.jpg

梅も全部漬けてしまって良さそう
とっても良い香りだもんで
もう少し置いておきたいぐらいだけども

ツヤツヤで張りがあって美しい
IMG_6386.jpg
5号の甕2つ これで10kg
IMG_6429.jpg
翌日
IMG_6443.jpg
水が上がってきています
IMG_6441.jpg
さらに翌日
IMG_6458.jpg
イイ感じです
IMG_6460.jpg
今年は白梅酢を取っておこうと思うので
もう少し梅酢が上がるまで
紫蘇入れは待つことにします

そして小傷のついた梅をいただいていたので
これはジャムにします
IMG_6438.jpg
傷のところを包丁で削いでから
茹でてボウルに取り、グラニュー糖を
40~50%でバサッとかけておきます
IMG_6439.jpg
半日ぐらいしてこんなに水が出てきています
この水ごと10分中火で強めに煮ます
(水が出る前に火にかけてしまうと
砂糖がベタベタになるから放置時間大事)

種を分けて
IMG_6445.jpg
瓶に詰めて、脱気
IMG_6450.jpg
出来上がり
IMG_6456.jpg
小瓶のほうは杉田梅なので山吹色が綺麗
大びんは十郎

どっちも美味しくできました[ぴかぴか(新しい)]



nice!(19)  コメント(14) 

小田原特産の十郎梅を買いに行く [漬物]

今年の梅は早い

5月ったらまだ生理落下の青梅なんじゃないの
というセオリーを無視して
5月のうちから黄色味を帯びた梅が
店頭にどんどん並び始めて
あっという間に6月です

去年は買いに行けずに発送してもらった小田原の十郎、
今年は買いに行ってきました

夜勤明けでシャワーに入って
1時間ぐらいウトウトしていたら良い時間です


気づいたら「もうすぐ着くよ」と起こされて
昇珠園に到着

しっぽ君がいた
IMG_6334.jpg
ご主人と奥様にご挨拶して梅林を見せていただきます

もう山一帯が梅の良い香りが漂っていて
全盛期、という感じ

チビ太ちゃんが山から急いで降りて行く
IMG_6336.jpg
どこいくのー

わぁー生ってるなってる
IMG_6338.jpg
実の重さでしなった枝
IMG_6340.jpg
こちはバッキリと折れた枝
IMG_6349.jpg
上の方に、ザ・十郎という感じの梅の実が
連なっていた
IMG_6363.jpg
かわいらしいですねー
IMG_6364.jpg
写真を撮っていると、ポトリ ポトリと
梅の実が落ちて転がっていきます

完全に完熟の落ち梅だからヘタがない
IMG_6354.jpg
ポトポト落ちる梅を動画に撮りたいのだけど
私がカメラを向けているとなぜか背中側から
ポトン て… ナゼだ

オットと拾って傍の木の下に固めておく
IMG_6346.jpg

「見て―、これ絶対エースだよ」「ボクも」
せーのっ ドーン!
IMG_6358.jpg
うーん、お互い良い梅だ

この木からで良いんだよね
と言いながらそっと集めておく
IMG_6343.jpg

近くには農園の方が収穫中のコンテナ
IMG_6360.jpg

「この枝もすごい」とか言いながら歩きつつ
ポトリという音にちょこっと何個か拾って集めただけなのに
汗だく

手ぬぐいもってくれば良かった
っていうかハンカチもタオルもなにも持ってない
iPhone以外なにも持ってないってどうなの

って言いながらTシャツの袖で顔をぬぐいつつ
山を下ります

我が家の段ボール分を作っておいていただいた

今年は十郎15kg
IMG_6377.jpg
やっぱり例年はフェスというか
ワークショップがあったから
皆さんも分も含めて30kg+発送で10kgとか
量も多かった

自分ち分だけ、となると少ないなぁ

「アイス工房に行ってみよう」
さっき汗をかいたからか珍しくアイス工房で
ジェラートを食べました

私は足柄茶、オットは小田原産甘夏ピール
IMG_6375.jpg
前は小田原に特化したものは
ほとんど無かったように思ったけど
今回色々小田原産材料のメニューがあって良かった

そしてどっちも美味しかった

さー帰ろう

帰りの高速道路は渋滞していました

挙句に「原付侵入注意」って
IMG_6379.jpg
近頃自転車とか原付とか侵入があるのは
スマホでのマップの活用のせいなのかしら

海老名までずっとノロノロ

「そういえばお腹空いたね…」
普段滅多に寄らない海老名SAに寄ったら
くくるがあったのでタコ焼きを購入
IMG_6380.jpg
あー美味しかった


夜勤明けだというのに
帰り道の方が元気なのは梅の香りのせいだと思う


帰ってからなんとなく熟度別に分けていたら
ネコたちが見に来る

オットが「お母さんはこうなったらもうダメだよー
ご飯くれないよ」」と話しかけながら給餌をしていた

あ、ご飯だったのか
本当にすでにダメになっている笑


明日から塩漬けに着手していきます




nice!(20)  コメント(10) 

ベランダ菜園、実り始める [家]

4月にベランダにプランターを増やして
苗を植えたり種を撒いたりしました

<種まき>
・バジル
・青紫蘇
・にら

<苗の植え付け>
・ピーマン
・ししとう
・なす

ナスは葉っぱの生育がよいのだけど
雌しべと雄しべのバランスの良い花が付いたー
IMG_6248.jpg
と思っていたらポトリと落ち
連続で3つぐらい落ちていた

生理落下で花は4割ぐらい落ちるとか
栄養が良すぎると葉っぱばかり大きくなる
という話を聞いたことがある

う~~~む そして
「水が少なくてもダメ」
「水が多くてもダメ」

おナスさまよぅ、ずいぶん気難しいでないの
しかし我が家は共働き
オットはリモートで在宅してるけど
ベランダの植物にお水をあげるというのは
関心がないからダメ

ナスはもうダメかと思っていたら

!! 実がなっている
38A0665C-5895-401B-A00B-2A4FC3246034.jpeg
2つもある♡

1つ摘果
IMG_6249.jpg

ピーマンも2つなっている
IMG_6250.jpg
ししとうは収穫
IMG_6251.jpg
良い香りがすると思ったらクチナシが1輪咲いている
IMG_6252.jpg
他につぼみがいくつありました

クチナシは実の欲しさに一重のクチナシを買ったのだけど
毎年実がなるのは1つか2つで、たくさん花が付くのに
なかなか実がならない

ま、クチナシの実は農協で買ったものと
母がマルシェで買ったという地産のものを
もらってあるから、いいんだけれど…

あとは実家の裏庭に生えていた三つ葉を
いくつか引っこ抜いてプランターに植え替えたら
それまたちゃんと根付いている

バジルがまだ茎が細くてヒョロヒョロなのが
何なんだろというところ

ハランは新しい葉っぱがどんどん生えてきて
よく育っているし、ベランダ菜園は
なかなか良い感じに茂っております



nice!(26)  コメント(14) 

初のマゴチ釣り オット沈む [釣り]

5月、最近よくヒラメや真鯛でお世話になった
あままさ丸という船宿が事故の当事者となりました

船長はとても良い方で
オットは「なんだかヒラメはぼかぁ釣れないけど
あままさ丸だったらまぁ頑張れる」というほど
面倒を見てくれます

このような事故が起きたことは
我々にとっても鉛をのんだような気持ちに
なりますが、車の運転にしたって同じようなことは
有る話だし、我々も船の上でも想定して
場所取りや移動中の姿勢などを
考えるきっかけになりました

そして5月は久しぶりに東京湾にマゴチを
釣りに行くことにしました

濱正丸という、マゴチで有名どころの船です

川沿いの船着き場から乗るのだけど
乗る時は慌てていて写真撮れなかった
(これは帰ってきたときの写真)
IMG_6226.jpg

出船します
IMG_6217.jpg
餌はサイマキ海老といって、車海老の小型
マゴチは初めてです、というと中乗りさん
(要は船のスタッフ)に言うと
海老の付け方から釣り方から親切に教えてくれました

言われた通りにやるものの、釣れない

誰も釣れていない

船は何度か移動を繰り返して
そのうち前の方でパタパタッと釣れ始めました

船長が「前前前 !! 右前だよ !!」とマイクで怒鳴ると
中乗りさんが飛んでいく

私たち、こないね…

オットが「キター!!」と言うと
中乗りさんがすっとんできます

上がってきたのはフグ
しかもそれなりのサイズ
IMG_6232.jpg
船宿でさばいてくれるというので
タグ代わりの安全ピンを付けて
生け簀に入れさせてもらいます

中乗りさんが「これは赤目フグで
寝かせるトラとおなじぐらい美味しいよ」
と教えてくれます

(中乗りさんは親切だけど船長がおっかない)

実は先月真鯛釣りに行ったとき
私は赤目フグを4匹も釣って
これまた船宿で捌いてもらったので
毎日キッチンペーパーを替えてお世話をして
1週間後に食べたのでした

美味しかったからなぁ
良かったね、と言ったら
オットは「なぜボクはフグ…」とボヤいている

私なんか途中で眠くて眠くて仕方がない

どうしよう、眠い…

船長が「集中集中!」と言うのだけど
なんか目の覚める良いアタリがこないかなー

と思ったら!

グッグッググーーー と穂先が引っ張られます

ハッ、これは!!

大きく竿を煽ると、乗りましたー!!
「キター」と言うとまた中乗りさんがすっ飛んできて
タモ入れしてくれました

初のマゴチ
IMG_6220.jpg
ちょっと小さめであるが40cm以上はあるだろう

その後も船中では時々「きたー!」と
釣れています

………。 

オットは沈黙
オットとその左隣の人だけが釣れていなくて
若い中乗りさんにも「頑張ってよ、この2人だけだよ」
とか言われてるけど、オットと左の人は
「アタリがないから釣れる気がしない…。」と
苦笑いしている

「ちょっとあなた、なんか匂うわよ
ボウズ臭がする」と言うと「ボウズかもなぁ~」
とか言ってる

そしたらそのうち左隣の人はさらに隣の人とまつって
上げてきたら「釣れてた」ってマゴチゲット

オットは最後までマゴチの顔を見ることはなく
またしても0という結果に沈んだのでした

一番釣れた人は7匹とか言ってたから
なにがいけないのかってことになるんだけど
今回あ釣り座が真ん中だったのがいけなかったっぽい

まぁそういうこともあるよねー


このような工場地帯を見ながらの釣りは
東京湾という感じ
IMG_6233.JPG

そんなわけで最初の写真の船着き場に戻る

うーむ
マゴチ釣り
楽しさが良くわからなかった

それにしても、今まで東京湾、相模湾、大原沖
ぐらいしか行ったことないけど
東京湾の船長たちはおっかない

松輪なんかイナダの聖地みたいなとこだから
私らなんか行ったら「邪魔だ邪魔だー!」とかいって
キャリーカートで轢き殺されるかもしれない
とか言ってたのに、全然そんなことなく穏やかだったし
大原も、全国から猛者が集まるんだから
これは覚悟していかねば、とか言ってたら
穏やかだし丁寧だし、お客さんもギリギリしてない

東京湾が一番口調が荒くておっかない、って
海の荒さと反比例な感じ

マゴチ釣り、もうちょっとやってみたいけど
どこも船宿は場所取りが先着順だったり
整理券が無視されて常連優先になったり
なーんか良い感じがしない

やっぱりあままさ丸がお休みなのが手痛い

来月はアジかなぁ
なんだろー
オットに釣れる釣り…

新年初回のカワハギ釣りで竿頭になったオットは
「今年は良い年になりそう♡」とか言ってたのに
なぜか毎度釣れなくて
そうなると帰りの車の中とか不穏な空気になるんだよなー

そういう意味でも毎回釣れてくれぇー
と祈っているのだけど
まぁナゼか釣れないていう 笑


これは前回釣った赤目フグ
IMG_6138.JPG
実家に持って帰って薄造りで食べた次第
IMG_6131.jpg
毎日お世話した甲斐があった



nice!(15)  コメント(6) 

ヤカンの世代交代 [家]

ログインパスワードを忘れるぐらい
触っていなかったという…

身体的な疲労と精神的な疲労が重なって
人として機能していなかったこの頃です

COVID-19のワクチンは2回接種が終わりました
1回目で39度の発熱があり、
2回目は発熱はなくて肩の痛みが
尋常でなかった

副反応としては発熱、倦怠感、嘔気、他
あげられていますが
何もなく元気なまま経過している人と
強く反応する人がいて、私は後者でした

そして副反応としては2回目の方が
1回目より高い、というのに
私は1回目で発熱したということは
どこかですでに貰っていたのでは
…という疑惑があります

昨年の2月の半ばから10日間
40度近く発熱して2週間仕事を休み、
レントゲン上「何らかのウイルスによる肺炎」
と言われていたのはやはりアレ… 

まだあの頃は湖北省への渡航歴がないというだけで
PCR検査対象外だったしなぁ


仕事はまたちょっと環境が変わって
心が折れることが毎日続いております

休みの日はずっと寝てて回復が遅い
家の中もグッチャグチャ

オットがルンバをかけて適度に保ってるのを
いいことに、私は掃除からも炊事からも
完全にドロップアウトしていた

洗濯物はちゃんとカゴに入れる
というのだけ守ってた、という
どんだけだよという低レベル加減

今週はGWの分で4連休があって3日も休むと
ようやくちょっと「これは汚い」とか
「ホコリがある」と判別できるようになったので
掃除に勤しみ、味噌も仕込んだ

3月に買っておいた麹、ダメにするとこだった

あー健康って大事


そんなわけで琺瑯のヤカンの傷も
もうだいぶキテることを認めて諦め、
新しいヤカンを下ろしました

15年ぐらいかなぁ、もっとかなぁ
ずっと使ってきたエジリ―のヤカン
IMG_6166.jpg
独身の時は1口のガスコンロだったから
油跳ねも何もなかったのだけど
結婚してからの家は台所に置いておく=汚れが跳ねる
ので、表面の掃除が必須なのでした

そしてその表面の掃除に
焦げ落としスポンジなんか使ったもんで
細かい傷が付き、そこにまた汚れが入り込み…
IMG_6167.jpg
ってことになってしまった

琺瑯に付いた汚れは
重曹とメラミンスポンジで綺麗に落ちるので
焦げ落としなどは使ってはいけないんですよ

キッチンハイターなんかで
何とか綺麗にしてきたけど
最近は「これが限界」になってしまった

新しいヤカンもエジリ―
コッチの方が楕円
IMG_6164.jpg
注ぎ口は前の方が良かったし
蓋も上に穴が開いている仕様なので
レトロというか昔のヤカンに準ずる作り

前のと同じのが見つからなかったのは残念
野田琺瑯は会社としては好きだけど
ヤカンについては形が今イチ好きではない

とりあえず新旧交代
IMG_6169.jpg

そしてエジリ―というメーカーは
2012年に廃業されたんですね
これまた愛知のメーカーです

久松といい、ストウブのナス色といい
野田琺瑯の赤ラインといい
私が好きなものはなぜいつも
廃業や廃番になってしまうのか、という謎

気に入ったものは2つ買っておかねば…ってなるので
自分の部屋の納戸化が止まらない



4日間休んでちょっと取り戻した
やっぱり人間休息って必要だわ

そして脳みそにかぶせるヘルメットが欲しい




nice!(16)  コメント(12) 

天草から寒天を作る [お菓子]

2019年に木曽~輪島に出かけた時に
天草を買ってきたのです、海藻のテングサ

前に伊豆の山の中の道の駅かなんかで
建物の奥に俵上に丸めてものすごい量が
積み上げられているのを見たことがあります

これはとぎ海街道 という道の駅で
350円/50gで売っていたもの
IMG_5772.jpg
オットに「また変なもの買ってる…」
と言われながら2つ購入したのでした

ところてんを作ろう

言ってるだけでなかなか作れなかった

歯科や整体など
ちょっといろいろ体的にもメンテナンスに
気が向いているこのごろ、
いよいよところてんを作ろうではないか

賞味期限的には一応2020年8月とか
シールが貼ってあったけど
このような乾物には賞味期限など
あってないようなもんなので気にしません

中の紙の裏にレシピが載っていました
IMG_5802.jpg
1袋50gもあるとだいぶ量ができるので
半分で作ります

25gに対して水1500ml
これに酢を小さじ1.5杯

酢を入れる入れないについては
テングサを売っているところにもよるのだけど
どうやら海藻の種類によるのではないだろうか

ちょっと調べてみた

寒天の特性についてはこちらの文献参照

こちらはてんぐさについて書かれている

テングサというのはそもそも
マクサやオオブサという紅い海藻複数を
指してテングサというのだけど
この会社の写真解説が分かりやすい

近年テングサというのは海水温の上昇で
獲れなくなってきているそうですよ
磯焼けというそうです

上記の文献その他を調べていくと
・マクサは酸がないとアガロースが抽出しにくい
→アガロースは沸騰水で煮だすことで溶解されて
 冷やすとゲル化する

・オゴノリは養殖で安価だけど
 オゴノリに含まれる酸が邪魔をすると
 ゲル化しないのでアルカリ処理が必要
→アルカリにするために水酸化ナトリウムで調整

と、それぞれに性質があります

ハッ

水酸化ナトリウム…! ゲル化!!
ここでまたコンニャクが繋がる

大人になってからの勉強って面白いですね


つまり
テングサを売っているところで
「酢を入れないでも大丈夫」というところは
オゴノリの割合が多いのかもしれないと思った

そんなこんなですっきりしたところで
レシピに準じて半分量でやってみましょう

テングサを良く洗って1.5Lの水に浸けます
IMG_5773.jpg
こちらは流しかん
IMG_5774.jpg
テングサを購入してから長いこと悩んでいたけど
せっかくなので買った
きっとしつこく作るだろうと考えたのと
こんにゃくにも使えるかなと
やっぱりmade in TSUBAME 
(さんざん躊躇している割に700円ぐらいだった)

強火で沸騰してきたら中火にします
IMG_5778.jpg
なんで弱火じゃないのかなと思ったら
さきほどの文献によりますと
沸騰水でないと抽出ができないということで
温度不足だと「固まらない」ってことになるらしいです

30分、時々混ぜてグツグツと煮たものを
ザルとペーパータオルで濾します
IMG_5781.jpg
流しかんに入れます
IMG_5783.jpg
本当は流しかんに入れる前にもう一度濾すんだった 
確かに不純物といわれれれば
海藻の切れ端が入っている…
今回はこのままいきます

ちょうどピッタリ
で、残った海藻はどうするか

2番液というのでまた煮ると良いらしいんだけど
流しかんはいっぱいだし
どうしたもんかなー

でも海藻捨てるのももったいないしなぁ

結局水を半分量にしてもう1回煮出しました
IMG_5785.jpg
ジップロックコンテナでよかったんじゃないの
と言われてしまえばまあそうなんだけど
まあこれはあくまで2番液です

かんにラップをして冷蔵庫に入れておこう

「明日は全館停電だよ」

グッ

まあいいい


で、翌日
IMG_5787.jpg
できたー

角切りにしてみる
IMG_5789.jpg
左が1番液、右が2番液
やはり色が全然違いますね

この後黒蜜をかけていただきました

おいしい
2番液はゼリーっぽいというか
透明感もそうだけど寒天の風味がほとんどない
食感も柔らかいジェリー感
1番液は寒天としてザクザクとしていて
やっぱり美味しい

これはカロリー的にもよろしいし
「なんか作りたい」という熱が出てきた時に
ちょうど良い

赤エンドウ豆も煮ておこう

そしてネットでテングサを買おうとしたら
ビックリするほど高い
1000円/100g ぐらい普通にする

能登でもっとたくさん買っておけばよかった
350円/50gてずいぶん安かったんだなー
伊豆の山奥も行ってみなければ



ーーーー


などと言ってたらこの後すぐに体調を崩して
「なんか口当たりの良い物」とかいって
寒天があって良かった…てことになったのでした

どうもこのところ年度末というのは
毎年のように体調を崩していけません


もうすぐ4月
1年が早すぎて驚くー




nice!(24)  コメント(18) 

カリモクのソファを買い替える [家]

3年ぐらい前にソファをカリモクに買い換えました
今回はその3年前のソファが
おネコ様の所業により劣化しすぎて
またカリモクに替えたという、悲しい散財

引っ越してきた当初に買ったソファは
ネットショップで選んだものでノーブランドの
60,000円ぐらいの革張りだったのだけど

ネコが走りながら飛び乗って着地するもんで
革に深い傷がたくさんできてみすぼらしくなり
2年ほどで買い替えよう、となりました

その時は島忠をブラブラしていた時に
「これ良いねえ」というソファあがって
26万という価格に鼻息が荒くなったけど
心をおちつけて、カリモクだし10年使うと思えば…
と買い換えたのでした

さすがのカリモク、
猫がダーッと走ってきて飛び乗ったり
ソファから狙いを定めて強いキックをしながら
飛び降りて行ってもビクともしない
手触りも良い

がしかし、
「繰り返し耐えられるか」というと
やはり1年ごと「傷すごいね」というのは否めず

丹波黒が来た時なんか
座面はガリガリで当初の手触りはどこいった、
っていう状態
IMG_6722.jpg

挙句におモチ君はソファで爪を研ぐのが大好きです
追っかけっこをしてテンションが上がる
→飛び乗った先でバリバリバリバリ研ぐ
その他、背中をストレッチしながらグーッと爪を立てて
バリバリバリバリとたゆまぬ努力を続けるのてす

金時は背もたれの上で寝るのが好きで
IMG_5738.JPG
さらに暇つぶしのように齧り、
このネコどもによってカリモクさんは
敢え無く中のウレタンがボロボロと出てくるハメに…
IMG_5754.jpg
特にこの1年はそれが進行して
誤食を考えても「これはヤバい」という状態でした

張替も検討したものの
ネコが背もたれに乗って変形している、と言うと
「結局骨組み以外はみんな張替になると
ご予算としては25万円」って新品と1万しか変わらない

コロナでお客さんも来ないし、としていたけど
それにしても歩いていると「なんだこれは」
ウレタンでした、ってことが頻発して
やっぱり危ないし、買い換えよう
IMG_5756.JPG
完全につぶれてたわんでいるものIMG_5755.JPG
後ろに写っているオットのパソコン用の椅子、
これはIKEAで買った合皮なのだけれど
これも爪研ぎにされてひどいことになっていて
2ヶ月前くらいに買い替えたのでした

新横浜にはカリモクのショールームがあります
先月見に行ったら、各フロア充実している
「これがいい」「これもいい」と気に入ったものは
結局同じものでした

しかしこの時は決めきれず、
その後、カリモク家具を扱う島忠に何度か出向き
ようやく決めたのは、やっぱり「これがいい」と
ショールームで思ったものでした

オットは今までのと同じものでの生地違いを
推していたけど、
ソファで寝てしまうことは多々あり
うっかり寝てしまった時の首の痛さを考えると
ひじ掛けが曖昧なソファの方が良いので
ケンカしながら結局オットが折れた

そして生地は革ではなくラムースという人工皮革を選択
ラムースは天然皮革よりも高く、
ファブリック、レザー問わず、全ての中で
一番高いのでした

しかし仕方がない、ファブリックなんて
全面爪とぎみたいなもんだし革もやられた
こうなったらラムースしかない

ショールームでも猫ちゃんコーナーとかいって
ペットと暮らすおうちにはコレ、と推されていました
前回も島忠でおススメされたけど
革の質の良さに「革で」と頼んだ我々、
結果3年でネコに負けたので
今回は「ラムースにしよう」と選んだのです

しかし家具屋さんはショールームも島忠も
「猫っていう動物を知らない」人が担当だもんで
ネコがこういうことをしたらどれぐらい耐えられるか、
とか、ソファの下に潜り込んでソファの腹で爪とぎを
しないように板を張るようなオプションがないか、
と聞いても
「大丈夫じゃないかとは思うんですけどわかりません」
「猫ちゃんはそこまでするんですか?」
とか聞かれる始末で

猫がいるおうちに、っていうなら
猫を知っている人が設計するべきだー
というのと、トップセールスマンにはなれないような
ボンヤリとした人とのやり取りが面倒になったのでした

(やっぱりモノを売る、ってなったら
実際に使ってどうだ、っていうのを知っておくという
勉強は必要だと思う)


注文してから1か月後に到着したソファ
IMG_5720.jpg

「なにこれー」
IMG_5731.jpg
枕を使って寝る賢い大福さんは「これちょうどいい」
IMG_5732.jpg
「新しいー」
IMG_5739.jpg
おまっ、つ、爪―!!

金時と大福がかくれんぼしながら
IMG_5741.jpg
この後取っ組み合いを始めるのでした(ソファの上で)

そんなこんなで1日経ったのですけど
IMG_5750.jpg
なんだろこれ 
丹波黒の抜け毛でした
誰かと取っ組み合った模様

ラムースってスエードみたいな感触なのだけど
ツルッとした革と違って毛が落ちずに張り付くんですね

そしてひっかき傷もある
IMG_5753.jpg
爪でやったのか、穴も
IMG_5752.jpg
「ぼ、ぼくじゃないよ」
IMG_5751.jpg
そうかい

これはねー
いつまでもつのか知りませんけど
持つか持たないかというより
もう10年買い換えませんよ

それかいよいよアカンことになったら
買い換えずに「ソファは廃棄」ってことになりますよ

ラムースは「コロコロローラーを掛ける」
という手間が必要だけど
どれぐらい持つのかなー

ラムースというかモケットのダイニングチェアは
ネコの爪にも全くビクともしないから
モケットのほうが良かったんじゃ…っていうのが
今の感想

経年劣化については不明なので観察するしかありません





nice!(28)  コメント(12) 

ヒラメ釣り オットのなにがいけないのか [釣り]

今月の釣りものもヒラメです

前回のヒラメは美味しく戴きました
初回で3.2㎏を釣り上げたのに
この時はボウズを食らったオットの
リベンジマッチでもあります

朝4時半に集合 大原のあままさ丸さん
IMG_5656.jpg
いってきまーす
IMG_5657.jpg
前回ヒラメを4枚挙げた私に夫が買ってくれたのは
SHIMANOのバイオインパクト CI4
IMG_5694.JPG
前回の竿よりちょっと長め
前回のは80号の錘だとだいぶ重くて大変だったけど
今回はどうだろう

千葉は前日の雨がかなりひどかったらしい
本日も風は爆風で、風で竿が煽られて
イワシが暴れているのか風かわからん、とか
言いながら底を取り直したら重い

なんだこれは根がかりではない
けどヒラメのアタックも感じなかった
なんだなんだ、と言いながら巻いてきたら
船長が「来たんじゃないのそれ」と
タモを持って横に立つ

キター
IMG_5692.jpg
船中1枚目のヒラメちゃん
IMG_5661.jpg
「ナイスサイズ!」と船長に言われてうれしい

オットは…
IMG_5663.jpg
「最初の1時間で釣れなかったらもうダメだ」

すぐに弱音というかネガティブな発言で
ドツボにハマりに行くオット

私なんかこの前2時間も釣れなかったけど
途中からいきなり釣れだしたよ、と言っても
「あなたの場合は、でしょ。ボクはダメなんだ」

…… つける薬がない

この日は全体的に釣れていない
爆風が続いて移動も飛沫が痛いほどかかって
難儀だった

「あと30分あるから」ヒラメを〆て回っている
船長が「今日は渋い」とボヤいている

あと30分!! あと2・3枚は追加したいのに!!と言うと
「ヒラメは40秒あれば食うっていうから
最後まで頑張ってー」と言う船長

うーむ
しかしイワシが元気で噛まれもしない

と思っていたらグッグッと竿が引き込まれて
合わせたらキター
しかも重い!!さっきより全然重い!!

頑張って上げてきたら
あれ、ソゲじゃないの←40cmぐらいの小さいヒラメ

なんでこんなに重いんだと思ったら
オットの錘とイワシまで回収してきていた

オットのイワシには歯形が付いていたのだけど
オットはすっかりやる気をなくしていて
「へー」とか言ってる

あきらめるなって 

これリリースかしらと聞いたら
「全然大丈夫」
クーラーのメジャーに乗せたらちょうど40cmだった
それでは持ち帰ろう


何度か修行のような移動を繰り返していたけど
いよいよ「はい、お時間になりましたので
これで終わりにしていきます」


ちーん
IMG_5666.jpg
無念の帰港

ただいまー
IMG_5684.jpg
帰りの車の中は寝られませんでした、ハイ
(申し訳なくて)

準備からなにからオットがやってくれて
運転してくれてんのに
なんでオットにこないのか

やっぱり早々に諦めちゃうからなのかもだけど
もうちょっと釣れてくれても良いのでは

バイオインパクトの感触は
ちょっとよくわからなかった
底荒れしているからか風が強すぎるのか
イワシの感覚は前回の方が分かった気がするけど
比較のデータが少なすぎる

ちょっと様子観察しよう


一寝入りしてからヒラメをおろします
IMG_5705.jpg
最初のは1.5kgちよっと 60cmありました
今回は昆布締めの他
1/4枚を唐揚げにしてみるべく
この分は皮付きで保存

今回も胃を開いてみましょう
IMG_5707.jpg
なんと何も入っていない

2匹とも胃袋は空でした
どうしてるのだろう
イワシを食べたから針に掛ったんだろうに
不思議―


さー、来月の釣りものはどうするか 

悩ましいー



----

昆布締めにして翌日実家に持って行って
皮付でとっておいた柵は唐揚げにしてみた
IMG_5708.jpg
ヒラメを唐揚げにするとか
なんて暴挙なんだろうと思っていたけど
すっごく美味しかった

老年期の親も「美味しいねー」と
パクパク食べていた

これは唐揚げやるべき



nice!(20)  コメント(10) 
前の10件 | -