SSブログ
前の10件 | -

カリンちゃん、星になる [ネコ]

久しぶりのエントリがネコの死です

2016年に通勤途中車の前に出てきて保護したカリンちゃん
死にました
ちょうど6才でした

初めて病気でネコを見送りました
これまでは老衰ばかりだったから…

カリンは悪性リンパ腫でした

保護した時からネコ風邪がひどくて
青っ鼻をたらして通院していたカリン、
大人になっても時々ズーズー言って通院していました

朝早くからやっている病院、
または夜遅くまでやっている病院の2軒が
かかりつけ

去年あたりに鼻水がすごい、
時々息が苦しそう、となって受診したら
「風邪だと思います」

苦しそうなら、ってネブライザーを勧められて
購入したけどそうしたら症状が落ち着いて
なんだかねー、なんて言いながら経過していました

9月に、いよいよズーズーが酷くなって
ご飯は元々があまり食べない子だったけど
体重も100g単位で落ちている

しかしかかりつけの病院では
内服と点鼻薬を出されるだけ
「レントゲンと言う感じでもない」と、撮らないし
カリンはちゅーるが好きだったけど内服を見破って
ちゅーる自体も食べなくなってしまったし
点眼はオットと二人でニトリルグローブをしても
グローブが裂かれるほどの抵抗ぶり

「内服ができないとなると注射にしますか」と
インターフェロンを1日置きに自宅で注射
そうしたら注射を打ったところが傷になって
そこを気にして掻いたりグルグルしてしまうカリン
傷の場所の毛も抜けてきてしまった

そして注射をしたところで一向に良くならない

困った
これは風邪にしても拗らせているのではないか、
こんなに息をするたびズゴーズゴーいうのは普通じゃない
ということで、
15年以上前にクロが謎の大病で手術をしてもらった病院に
連れて行ってみました

そうしたら「まずレントゲンと採血しましょう」
ってレントゲンであからさまだったのが胸水

胸水で肺が圧迫されて苦しい
採血データとしてはパッと見は特に大きなものはない

とりあえず水を抜かないと苦しい、ということで
エコーをあてながら胸水を抜いてもらって
「今は院長がいないけど、スライドを作ってみる、
院長が戻ったら複数の獣医師で検討をしてみる、
わからなかったら大学病院に出してみることも考える」

ということになって
結局「なんだかわからないので大学病院に外注する」
となりました

溜まった水を抜いてもらったカリンは
機嫌も良く、割と普段通りで
黄色い鼻水を飛ばしていました

一週間後、「リンパ腫でした、
それも悪い方ので、悪性リンパ腫です」

ああ
そうか

悪性リンパ腫で鼻周りに飛んだのか
元々風邪の後遺症で鼻水ぎみだったけど
やっぱり最近の様子は風邪じゃなかった
と納得がいきました


抗がん剤をどうするか、
オットと話し合いました

普通のリンパ腫なら、ということだけど
悪性の場合、治療しても1~2か月
延ばせるかどうかです

強い薬、弱めの薬とあるけれど
どちらも副作用が無いわけではありません
強い薬に至ってはカリンも苦しい思いをします

対症療法的に弱めの薬を投与するか?
週に1回注射に連れていく?

カリンは元々が野良で
保護ネコとしてここで生活してきました

何が何でも助けてあげたい、というより
本人(ネコ)が苦しくないように
なるべく安楽に生きられれば

安楽に生きるためにはどうするのが良いのか
抗がん剤を投与しても
その結果が得られるかどうかは
やってみないとわからない

そして抗がん剤治療が高額なのと
1回だけでは終わらない

ネコの生活の安楽のこと
通院のストレス
お金のことも考えなくてはなりません

どうしようか、と何日か検討

ちょうどこの頃、妊婦ネコを保護しました
タイミングが悪い
カリンが重篤な病気でなければ良かったのに


カリンは水を抜いてもらったことで
受診時よりもだいぶ体調が良さそうでした

どこを目指して行けば良いか
苦しくないならこのままで良いのではないか
治療で頑張らせることが何かになるのか

このまま、苦しくないかどうかを見ていこう

カリンとフクは特に仲良しで
いつも一緒にいたのだけど
ボサボサのカリンを適当に毛づくろいして
やっぱりフクは一緒にいました

カリンは鼻と目から膿みが出ていて
目も鼻もふさがっているのだけど
拭くと嫌がってすごい力で抵抗してきました
そして鼻水というか膿みを飛ばします

枕元でもそれをするから、
我々は多分それが原因で結膜炎になる始末
これは良くない

ケージを用意して段ボールハウスを入れたら
それはそれで特に嫌がることなく過ごすカリン

「カリンー、大丈夫か」
IMG_1481.jpg
「母ちゃん、オレも入る」
IMG_1484.jpg
フクは10kgもあるから大きな段ボールに
ギッチギチ

しばらく一緒にいて出てくるフク

フクも分かってるのかなぁ
最後5日前からは、そばのソファで寝るけど
ケージには入らなくなったフク

段ボールからは出てきて寝ていたから
段ボールは撤収、毛布のみ

そしてカリンは最期に「にゃー」と言うわけでもなく
暴れるわけでもなく
静かに一人で旅立ちました

午前中までトイレで用を足して
落ち着いてて良かったね、と言っていた日の午後
ケージの中で冷たくなっていました
あんなに甘ったれだったのに

いつも通り、という感じに

カリンー

でもカリンはウチにきて良かったんじゃないかなぁ!
きっとカリンもそう思ってると思う、私は勝手に。


夜勤明け、お花を買いに遠回りをして帰りました
IMG_1539.jpg
ちょっと愛想のない店員さんが綺麗に選んでくれた

右側のお花はバラの一種なのだけど
「もう悪いものだからアレだけど
どうせ燃やしてしまうのであればこれも入れてもいいかも」
店員さん…私、出かけた涙が引っ込んだわ
でも1本50円にしてくれるというので
良さそうなのだけ選んで入れてもらいました

2日後、クロやヒナが眠る霊園に連れて行きました
ヒナに「おや?あんたまだ早いね」て言われてそう

カリンはヒナとはあまり仲良くなかったけど
ちゃんと道案内してもらって付いて行ってね


隔離が解除になったらいつもフクと一緒
2016-11-06 10.25.37.jpg
お餅君もカリンをかわいがっていた
IMG_0409.JPG
金時とフクの取り合い
IMG_3568.jpg
いつもお風呂掃除のお湯が流れていくのを見に来る
IMG_7507.JPG

人懐っこい、かわいいネコでした
IMG_0792.jpg


「カリンもカリンもー!!」




nice!(17)  コメント(10) 

ネット通販が止まらない:神楽南蛮編 [おすすめ]

神楽南蛮を知ってる方〜
長岡市HPにも紹介されている
山古志の特産品です

これは何年か前に近隣のスーパーで見かけて
「ピーマンではありません、辛い!うまい!」と
POPが付いていて
辛いものが好きな私は飛びついたのでした

その時は甘めの味噌炒めにして
種もあまり取らずに←つまり辛くした
肉詰めもやったら
大人の肉詰めになって美味しかった
しかしオットからは「なにこれー!」と大不評

(オットは辛いものが苦手)

美味しかったのでまた買おうーと
同じスーパーに行ったら影も形もなく
オットは声を裏返しながら
「そーぅだよ!あんな辛いもの入れて
バイヤーは始末書書かされたに違いない」
とか言う

何言ってんだか

そうこうしているうちに忘れていたのだけど
3年ぐらい前に思い出して調べてみたら
夏野菜なんですね、ピーマンとかと一緒です
そして新潟の山古志村の特産品で
苗の見た目はピーマンとよく似ています
そんなわけで毎年夏を楽しみにしていて
今年も購入

ポケットマルシェとか
メルカリなども有ります

どーん これが神楽南蛮だっ
IMG_0568.jpg
箱を開ける前からピーマンのような
青臭さに辛味が乗った明らかに美味しそうな香り

種とワタが辛いので、これを入れる量で
辛さが変わります

おススメはちりめんじゃこと炒めたもの
少量の油を熱して南蛮とちりめんじゃこを入れて
手早く炒めて、砂糖醤油みりんを適当に入れて
ちりめんじゃこがカリカリになったら出来上がり

常備菜としてジップロックコンテナで保存
IMG_0569.jpg

いただきまーす
IMG_0564.jpg
「ボクはいらない」
これは辛いからね

うぅーうまいッ


あとは肉詰めもおススメ
NHKの朝イチでやってた重信さんのレシピ
これはトマトの肉詰めなのだけれど
トマトと同じ肉だねで神楽南蛮もおすすめ

肉詰めて今まであまりピンとこなくて
そんならハンバーグでいいじゃん、
と思っていたのですが、
重信さんのレシピでやってみたら
とても美味しくできて
オットも「あ、これは良い!」と
喜んでいた

細かく刻んで味噌と炒めて神楽南蛮味噌
として保存したりするのもメジャーですが
やっぱり焼きたて熱々を「辛い!暑い!」とか
言いながら食べるおかずの方が好き
(しょっちゅう買える人は保存という
贅沢もできるのかもだけど、
私は送料を考えるとそんなちょくちょくは
買えないので、やはりメイン食材になる)

群馬の野菜を扱う近隣のマルシェでは
胡椒ピーマンという名前で売られていました

同じ神楽南蛮という名前でも
農家によって辛味が痛さ的に強いところと
ピリ辛なところとあって
そこに青臭い旨さが乗ってるかどうかも
農家によりけりなので
好みの農家を見つけて買うべし
そして時々めちゃんこ辛い大当たりがあるので
それもまた楽しみ

最近は切った時に立ち上る香りと
ワタを触った時の手の痛さで
辛さがわかるようになって
どれぐらいタネ入れようかなー、と
見当が付くようになりました


9月下旬ぐらいまでが収穫期なので
暑い暑い今年の夏、
是非食べてみて下さい



nice!(33)  コメント(12) 

シマアジフェスティバル [釣り]

仕事はですねー
「つらい」この一言です
働ける人の確保がされていないから
働く人のダメージがでかい


そんなわけで休みの日に釣りに行ってリフレッシュ
今回も大原からイサキです(でも外道のシマアジが目当て)


あままさ丸に乗船
朝5時ですでに太陽が昇っている
DSC04204.JPG

あ~夏の海は冬に比べて穏やか
でも東京湾の比ではない
やっぱり外洋っていう大きなうねりはある

そして魚がいる気配がない
静か~~~~~~~~~~~

反対側でイサキが出たとか
シマアジが出たとか言ってるけど
右舷は全然

隣のおじさんと「全然こないスね」とか
言いながらじーーーっと待つ

今回はオットにマグネット板を買ってもらったから
針の扱いがラクだ


9時の時点でこっち側釣れてないね~
しばらくしてオットが「アタリだ」
「あー絶対アタリだ」と言う
そして28cmのイサキを釣り上げた
DSC04206.JPG

へー私全然魚がいる気配を感じないよー
と言うと「仕掛け変えてみる?」
シマアジが来た時のために2.5号の仕掛けを使っていたけど
1.7号にチェンジ

前につる丸に乗った時も細いので活性を上げるとか
言ってたもんなあ
でも細いとハリスを切られる恐ろしさがあるからな

それにしてもアタリが無いっていうなら出さねば

そうしたらオットは今度は小さいアジを釣ってる
鯵かぁ 鯵は美味しいけど大原で鯵は
費用対効果がなぁ~~~
それなら東京湾でいいからなぁ~~~

とか思ってたら私にもピコピコとアタリがきて
オットと同じ小さいアジがダブル

「なんでちょっとずつ上回るんだ」
と言われながら大事にキープ 
やっぱり美味しいもんね

そうしたら
なんか魚の気配を感じる

あれ、もしかしてなんかこれ来るかも
と思っていたら急にドンときた

あらっ、これキタわ
船長が「きたきたー!」と取り込んでくれた
DSC04207.JPG
シマアジちゃん
40cmないぐらいかな
あるかな

そうしたらオットが地味に「きた」と言っている
シマアジ?! やったじゃんと言うと
「わからない、重いんだ」 え、メジナかな…

そうしたら40cm近いイサキ
とにかく太ってて体高さもすごい
えーすごいじゃーん
と写真を撮ろうかとしたら
私の竿にガンと来た

「やばい私も来たもんね」

ドラグが滑る~~
と言いながら上げてきたら他の人と祭ってる
えー重いのは他の人のが掛かってたから?
と残念に思いながら上げてきたら
お祭りがほどけたあとも重い

あらそうだよね私も釣れてるよね

そうしたらイサキとシマアジのダブルだった
DSC04209.JPG
35cmのイサキと32cmのシマアジ

シマアジ!ギリギリだけど!
前回は35cmでもリリースしちゃったけど!
今回はごめん持ち帰る!

最後、この15分がラッシュで
あちこちでキター!ってなって船が忙しくなった

私はまた大きなアタリが来て
オットに「なにあなた、なんなの一体」
とか言われていたのだけど
途中でバラシてしまってドラマ魚はこなかった

残念

【釣果】
鯵2匹
イサキ1匹
シマアジ2匹

あと2匹ぐらい、良いサイズのシマアジが
欲しかったなぁ

暑かったけど右舷の方が日陰で
風もあったからそこまで暑くもなかった

帰港したら海面が見たことない低さで
港に上がれない
漁港のおじさんが手を貸してくれたけど
ギエー足が上がらない~~
「頑張れー!」と言われながら引っ張り上げてもらって
大笑いだった
IMG_0507.jpg
こんな段差になってるの初めて

あ~~~疲れたね
帰りのお蕎麦屋さんですずしろ蕎麦
IMG_0510.jpg
大根の細切りが爽やかで美味しいけど
鰹節と海苔ががモシャモシャに固まって
食べにくくはあったので次回は普通のせいろで良いか

帰りの記憶はほとんどありません
記憶がないというか意識がないというか

オットと話している時は普通に起きていられるのに
夢でも見ているのかと思うほど瞬間的に、
本当に一瞬で深い眠りに落ちてしまう

帰ってオットのイサキを計量
IMG_0518.jpg
700gはなかったけど太い

アタマを落として3枚おろしにして
チルドに入れておきます
明日実家に持って行こう
冷凍庫で生のまま固まっているタコと
柵になっているアオリイカも持って行く

タコは実家で茹でてたら
父が見に来て「おおっ、旨そうだ、これぶつ切りで
先に少し出してくれ」
IMG_0530.jpg
板場に注文きましたので先に切りつけ
あとキュウリと酢の物を作っておく

さー1日経過したシマアジちゃん
IMG_0533.jpg
銀を残して薄皮をはいでお刺身
IMG_0545.JPG
あと握り寿司
IMG_0549.JPG
イサキもお刺身と握り イカも
IMG_0547.JPG

※写真がイマイチなのはオットが撮ったからで
台所にいる私に代わって撮ってくれるけど
いちいち「写真撮るから向きを変えさせて」とか
言わないタイプだもんだから
いつも反対側から撮った微妙な写真てことになる笑

そしてシマアジはめちゃ美味しくてビックリ
今までも天然シマアジは食べたことがあったけど
全然別物です

先に切りつけてテーブルに出してたら
「えー!美味しいー!」と言っていたから
良かったねーなんて思ってたら母が来て
「ちょっと、あなたも食べなさいよ
無くなっちゃうわよすごく美味しいから!」
と呼びに来たぐらい

へー って食べてみたら
「あらっ、これは美味しいわ!」

握りも美味しかった
そしてスダチをちょっと絞ったら
甘みがグッと引き立って
「えー!!」ってなった

シマアジ、感動する美味しさ
これはスバラシイ

オットの38cmのイサキもメスで
私が釣ったオスより明らかに美味しかったのだけど
「ううーーーん、美味しいよ、美味しいけど
やっぱり小さいとは言えさすがのシマアジで
…まぁ霞むよねぇ」とか言うもんで両親も大爆笑だった


次回の釣りものは悩ましい
タコ庫の貯蔵が減ってきたのでタコに行こうと
思っていたけど、シマアジがこんなに美味しいとなると
またシマアジ…?

でもリターンが無いというリスクもある
暑い夏の釣り、今年は特に異常気象として暑い
体調管理をしてしっかり働いてしっかり遊ぶ
釣りものは…え~~どうする~~~


悩み中です



nice!(29)  コメント(8) 

鎌倉で鳩の来襲を受けるものの休みを満喫して満足した話 [観光]

オットが「鎌倉の国宝館に行きたい」
とか言いだして、出かけてきました

私は仏像は良く分からないというかー
まぁ全然分からないんですよー

だから付いていくだけ

鶴岡八幡宮なんか中学生以来かもしれない

大船まで車で行って駐車場に入れたら
横須賀線で鎌倉まで行きます
(鎌倉で駐車場探すのなんかイヤ)

八幡宮でも茅の輪が出ていたので
ここでもお参り
今回は100円の初穂料がかかるけど
ちゃんと人形(ヒトガタ)もあった

ぐるぐる回って人形にいろいろ移して納めます
IMG_0391_R.jpg
お参りもしました
IMG_0396_R.jpg
国宝館に到着
IMG_0397_R.jpg
全然人いないですけど
IMG_0399_R.jpg
上野の国立博物館とは規模が違うけど
オットはなにやら熱心に見て回っていた

あ~~~外に出るといきなり暑い
IMG_0402_R.jpg
池の蓮が綺麗

むかし不忍池で蓮の時期にボート漕いだよね~
とか言いながら歩いていたら

「鯉の餌あるよ」←いつも私が鯉とか鯛とか
エサやりしたがるから

買ってもらう
IMG_0405_R.jpg

そうしたら鯉が「待ってましたー!」
みたいにバシャバシャ集まってきて
IMG_0180_R.jpg
なんかもう怖いんですけどここの鯉の密集ぶり

ってエサの袋あけようとしたら
鳩がバサバサバサバサッとか音を立てて
めちゃくちゃ集まってきて
手慣れた様子で腕に乗る
C901F814-E2B8-41FB-ACDB-9232D9CCD371.jpeg
これは鯉のエサだよ!
と言ってもハトには通じない

鯉にエサを投げるのを飛んで咥えるかというと
そうでもない
あくまでも人間が持っているエサを強奪するスタイル
IMG_0421_R.jpg
持ってると狙われる、ってぐらい襲い掛かってくる


怖い
でも鯉の口の方がもっと怖い
E8F7BF01-ED94-41E7-9148-7B049FAB8762.jpeg
鳩は小学校に入ったばかりの夏休みに
広島の平和記念公園で同じような体験をしたことがある
鳩のエサってポップコーンみたいの買ってもらったら
鳩の上に鳩が乗ってその上を鳩が飛んで
みたいなことになって

鳩の人気者になったような気がして満足していたけど
大人になるにつれて鳩の目はどこを見ているのか
段々とあの目に怖さを感じるようになっていったのでした

しかもこれフンとかしない?絶対するよね
やめてーやめてー
しかしエサの袋を握りしてめている限り
鳩は「鯉に渡してなるものか」とやってくる

落ち着け、こえはマジックショーなんかで見る
白い鳩だったらカワイイと思うハズ
ドバトだからって嫌悪したらダメ色が違うだけ
とかなんとか自分を落ち着かせつつ
「そうだ、写真を撮るという目的があれば
我慢できるだろう」とカメラを起動させたら
右肩によじ登ってくる鳩

ギャー―
私触られるのダメなの
鳩でも猫でも肩はダメなの

落ち着け、鳩とのツーショットを撮るんだ
耳元を飛び回られるより止まってるほうが
なんぼかマシだ

写ってる~?
太陽が眩しくて画面見えないよ
IMG_0410_R.jpg
ちゃんと写ってた良かった
IMG_0409_R.jpg

後ほどオットが
「鳩嫌いなの?そうは見えなかったけど」
とか言いながらくれた写真
IMG_0183_R.jpg
確かに喜んでいるように見えなくもない

はー手洗いたい
どこかでご飯を食べよう

途中で腕に細かいミミズ腫れが出来ていた
鳩の足でやられた腕
IMG_0430_R.jpg
(出血を伴う傷にはなってない)

途中にあった線路の跡
IMG_0432_R.jpg
なにかなーこれ

豊島屋てこの辺だったよね

あった
IMG_0433_R.jpg
鳩サブレ―を購入
IMG_0435_R.jpg
「やっぱハト好きなんじゃん」
サブレはね

小町通りで見かけたお蕎麦屋さんに入ってみる

山路
IMG_0437.jpg
良い感じの小路の奥にお店の建物があります

天ぷら盛り合わせを1つ頼んでみよう
IMG_0438_R.jpg
…あれ天ぷらは私の方が上手だわ

おろしそば(辛味大根)
IMG_0439_R.jpg
おおっ
IMG_0440_R.jpg
これは美味しかった
お替りしたかったぐらい美味しかった

お蕎麦屋さんに行く途中で見つけたかき氷屋さん
IMG_0441_R.jpg
へーーーなんか美味しそう

珍しく30分ぐらい並んで入ったけど
椅子のスタイルでなくてオットの苦手な
長座スタイル
オットは体が異常に固いし柔らかくする気もないので
長座ができないしあぐらもイマイチ

なんかツラそう…

私は知覧茶の抹茶金時
IMG_0447_R.jpg
オットは知覧茶のほうじ茶金時アズキ抜き
IMG_0194_R.jpg
これで1600円/1個

!!
9D7CF255-201B-4BC8-8F49-50480926DED3.jpeg
オットのTシャツに鳩が描いてあるでないの
「これは雷鳥ですー、鳩と一緒にしないでください」
なんだライチョウか

フワフワの氷であっというまに無くなっていく
美味しかったけどーーーーー1600円かというと(自粛

まあ観光地だしねー
天然氷の輸送のコストだと思えばねー

そんなわけで鎌倉のホームで
大船軒の鯵の押し寿司を買って帰宅
(これから大船に戻るというのに)

あ~~思いのほかお金使ったよね
鎌倉なんて近くて全然お金使いませんしーとか
思いながら付いていったら
国宝館に入るのに割引でも2人で1300円だったし
駐車場代も割引だけどかかったし
お蕎麦も美味しかったけど安いかというと…
そしてかき氷 !
蕎麦より高いじゃないのよ

帰ってお風呂に入って夜までグーグー寝ました
やっぱり日光浴びると疲れるわ~~~

夜は簡単なもので…と
オットの作ったボンゴレビアンコ
F0F2FBDB-B32D-4DA8-BA19-C15CDBCD6FCE.jpeg
最近は愛知県のアサリがあって美味しいので
割とよく食べる

さーて私は作りたいものがあるんだわ

ばばーん
IMG_0471_R.jpg
「何する気だ、っつーかそのグラスなんだ」

フフン、まーいいから見てな
昨日からヨーグルトの水切りしてあるんだ

ホイップクリームを泡立てて
ヨーグルトと合わせてクリームを作る

桃は角切りとくし形にカット

グラスの底にはマンナンライフの蒟蒻畑ピーチ味を
タラリと流しておいて、ダノンビオの桃味、
桃の角切り、バニラアイス、くし形の桃を並べて
ヨーグルトクリームを絞って
空いてるところに角切りの残りを乗せて
最後にミントの葉っぱon

できたー
IMG_0469_R.jpg
今年はデニーズの桃パフェが1500円と
高額になったので二の足を踏んでいたオットは
たいそう喜んでいた

蒟蒻畑とダノンビオとヨーグルトクリームで
罪悪感多少減らすという姑息なパフェ
健康を気遣っているのかなんだか不明(笑

今日は保険屋さんが来たから今日も作った
IMG_0476_R.jpg
保険屋さんは私が作る杏仁豆腐が大好きなので
杏仁豆腐をお土産に作った残りで
ミニプリンを作っておいたものもon
(実は緩くて自立しなかったので
冷凍してシャーベットにした次第)
杏も桃も仲間なので相性良し

久々に連休で週末オットと過ごしたなぁ
このところずっとスレ違いの休みで
オットは在宅ワークだから
家にいると言えば居るけど、まぁ仕事

私は私で疲れ切って転がってるだけだった
日曜日一緒に出掛けて月曜日はガーガー掃除して
オットに言われたのが
「もう片付けたの?早いね
あなた色々スキルはあるんだね」
「本当は良い奥さんなんだよね」

本当は...汗 

まぁそう
本当は出来るの私
でも家に帰ってまでやりたくない、寝たい
それだけー

出来ない人はしょうがないとして
出来るのにやらないのは性格が悪いのか?
単純に役割放棄てだけかもな

いずれにしても
やらない、て方が悪意があるよね

とか言いながら、
大掃除かなという勢いで掃除して
あーースッキリ

やっぱりね、ちゃんと休んで家族と過ごす、て
とっても大事だわー


----


最近はバイクも自粛です
コロナと熱中症で医療体制が整わない昨今
バイクで事故とか「趣味で乗るのは
やめてもらえませんか?!」て言われちゃう

バイクしかないならしょうがないとしても
電車も車もある人が遊びで乗って事故とか
「搬送先が無いっつってんだろ!」て話だし
そもそもスタッフだって陽性とか濃厚接触とかで
働ける人が減っているわけで

第7波が落ち着くまでは
ツーリングはお預け...(´・ω・`)




nice!(36)  コメント(10) 

老いという終末期における医療・ケアを考える [雑記]

今回は「高齢者の範疇」(特に精神科的に)に限局した話
としてのエントリです

完全に個人の見解です
個人のblogなんだから当然個人の意見として記載
命についてのイチ個人の意見なので
そこは誤解なくよろしくお願いします

そしてセンシティブな内容なので長いです
先に謝っておきますごめんなさい

----

人はいつまで生きるかはわからないけど
分かっていることは「生きてるからには死ぬ」
ってことです

まずアドバンスケアプランニングについて
知っていただきたい


最近は後期高齢者がめちゃくちゃ増えて
高齢社会どころか超高齢社会なわけですけど
「98才で食欲不振」て入院する人もたくさんいます
98まで高齢じゃなくても75才以上で
「食べられない」と入院する人
又は「別の理由で入院後に食べられなくなった」人

食べられない理由としては
口腔内の問題
嚥下機能の問題
消化機能の問題
脳機能の問題
認知機能の問題
精神的な問題
などが上げられますが
今回ここで書くのは
高齢者でありさらに認知機能の問題や
精神的な問題がある場合です


若い人が器質的な病気になった場合は
(若いって70ぐらいまで若い定義)
そのための手術があったり短期的な
胃管の留置があったりするし
治療のための中心静脈のポートが留置されたりする

けど、80過ぎて
「食べられない」という主訴に対して
「食べないと死んじゃうから胃管を入れましょう」
と胃管を挿入することについて
そしてこれを「患者は希望していない」
又は「認知機能の低下により希望の有無の
確認が取れない」場合

それはもうなんというか、老化、老衰
それしか言いようがないことだと私は思うわけです

胃管を入れて薬がちゃんと投与できるように
なったのに、それでも食欲は出てこないとか
その間に認知症も進んだりすることで
嚥下機能もまた低下します

だって年を取ったら白髪になったり皺が増えたり
シミが増えたりすることは「仕方ない」ことで
消化機能も低下して「焼肉は重い」とか
普通じゃないですか?
それをパンシ○ン飲んで無理やり食べるって
昭和の営業マンぐらいしか知らない

でも食事においての老化は許してもらえないで
入院中「全部食べてください」
「もっと食べてください」
「食べないと点滴ですよ」
「お鼻から管いれて栄養剤ですよ」

ほとんど脅迫


「経口摂取できない薬を
確実に胃に投与することができれば、
薬が効いてくれば、また経口投与できる」
とか、いわゆる
「治療の過程のうちの一時的なもの」なら
良いと思うんですけど
高齢者についてのみ言及するなら
「それをやって抜ける見込みがあるのかどうか」
を十分考慮しないまま「とりあえず留置」
となる人が多い


そもそも高齢者が入院する、って
本人にはすごくストレスの大きいことです
慣れていた環境が急に変化したことに
ついていけないのが老いというもの

せん妄といって、混乱してしまったり
認知機能がさらに低下したりする

そんな中で「食べられないから」って
胃管を入れたら「自分で間違って抜いちゃうと
肺炎になって危険ですので拘束します」
って身体拘束されて

身体拘束で安静を強いられたことに関連して
また肺炎になったり無気肺になったりするから、
「頑張って車椅子に乗りましょう」

本人が「もうやめて」って言っても
「はい頑張って」「頑張ってください」
「頑張り時ですよ」

いやもう高度経済成長の日本を生きてきて
ここまで十分頑張ったのに
80・90にもなって「嫌だ」ということについて
まだ頑張らされて寝かせてもらえない
休ませてもらえない

嫌だということを「そういわずに」と
やらせることについて
それを提供する側としては
いつもすごく疑問とか葛藤がある


死ぬ=良くない
この文化は根強い

この概念が根底にあって
医師が電話で家族に「ご本人は
やっぱりまだ食べられなくて薬も飲めません
まずは確実に薬を投与できるように
胃管を入れて、栄養もそこから投与する
必要がありますが、どうしましょうか」
という連絡をする

連絡を受けた家族は「はいお願いします」
これ一択

理由としてはまず
「`生きているからには死ぬ'とは思っていない」
「老いというものを理解していない」
という前提があって、
「具体的にどういう状態かは知らない」というのが大きい
そして
「食べられないから入院してるんだもの」
「食べられないことは老いではなく病気なんだもの」
「先生が必要だって言うんだもの」
「やめてください、入れないでいいです
って言ったら退院させられるかもしれないし」


ずっと嫌だ嫌だと言い続けている人や
嫌と言わないけど引っこ抜く
(つまり不快に思っている)人を
「引っこ抜くから」と拘束して
その人が嫌だという認識を許すことなく
永続的に強制的に栄養を投与する

それはまるで強制給餌して
フォアグラを育てている光景と
同じように思える

(フォアグラがどのようにできるか
リンクを貼る勇気はないので
皆さん是非自分で検索して欲しい)

胃管挿入を選択する家族は
そこまで考えているだろうか
情報を取っているだろうか
多分知らないしそんな想像する材料がない

医師は嘘はついていないし
本当のことを言っている、けど
素人の家族が正しく理解出来るには
材料が不十分、というところ


胃管からの栄養摂取は
患者が自分で選択する治療の1つなら良い治療だし
意識がなくて選択云々でなくても、一時的なら良い治療
口腔内その他の手術をした人なんかも普通に使うし
絶食期間はなるべく短い方が良い

けど、これは「治癒過程の1つとしてならね」

今後食べられる見込みがない、「食べたくない
という意思表示をしている人」に
「それはダメです」と無理やり管を入れて
それを心臓が止まるまで、死ぬまで続けることが
良いことなのだろうか

しつこいけど治癒過程の1つ、として
「投与をしている間に訓練をして食べられるようになる」
とか、「治療を受け入れられる」というなら良いこと
だろうと思う


本人は「もういいんだ、いやだ」
と言うことを「精神的に病気の人が言うことだから
ご本人の言うことはアテにならないのでご家族は」
って言うと家族は「お願いします」って
胃ろうを作る

けど家で見るだけのスキルを身に着ける気はなくて
「娘がやってくれるから私は帰ってきて欲しい」
「いやお母さん私も無理だよ」

じゃあ施設、ってまた環境が変わる


人っていつまで生かされ続けるんだろう
本人の意思はどこに反映されているんだろう


そしてここまで一貫しているのは本人は「嫌だ」
と言っている、または「治療として理解して
受け入れていない」ということ

本人が嫌だと言うのが病気のせいにしろ
なににしろ、本人の今の気持ちとしては「嫌」
これを「はいはい、あなた精神的に病気だから」
「認知症だから理解できてないから」と流す行為

「看護師側でなんとか10割食べさせてください」
と言ってくる医師
「わかりました」って食べさせようとする看護師
「嫌、イヤ」って口を押えて拒否する患者
「食べて下さい、食べて下さい」ってしつこい看護師

つらい


食べたいけど時間が掛かる、という人に
「はい時間ですので終了でーす」と終わりにする
というのはダメだけど、
「食べたくない」と言う人のご飯を
「そうですか、じゃあ下げましょうね」と
下げるのがなぜダメなんだろうか

医療倫理の4原則としては
自律尊重:自律的な患者の意思決定を選択
無危害:危害を及ぼすのを避ける
善行:患者に利益をもたらせ
正義:利益と負担を公平に分配せよ

これに当てはめて考える時に
一番大事に話しあう軸は何か、というのが
「患者にとって」の話であるべきで
「家族にとって」を軸にするからおかしくなる

でもここは本当に難しい
患者軸で考えると完全に自律尊重が侵害され
嫌だというのに食べさせられるというのは
危害を加えられて善行とホド遠いけど
食事を摂らないことでの栄養状態の悪化は
皮膚損傷や褥瘡形成や体力低下をきたして
褥瘡は感染症とか体力低下はやっぱり肺炎とか
そうなってくると危害から守るために
しっかり食べる必要はあるから善行だ

肺合併症をきたすリスクや血栓が飛んで
脳梗塞や肺梗塞などの本当に致死的な合併症を
きたすことを考えると危害を避けるためには
頑張って車椅子だって乗らなくてはいけないし


そして「本人に判断能力があるのかどうか」
ここがキモとなるので
「本人がやめてと言ったから自律尊重で」
というわけにいかない

だがしかし致死的な合併症もまた生きること
とも思う(完全に個人的な見解)
それで死に至った、となっても
本人の不快とか年齢のこととか
回復する見込みが有るか無いかとか
その辺を考えて「死なない人間はいない」なら
最期までどうやって生きたいか、ということを
考えたら良いのではないか…と思うわけです

例として
88才の認知症患者として(2019年の平均寿命
女性87.45歳、男性は81.41歳からの仮の設定とする)
本人が入院後に「食べたくない」「色々しないで」
と言う中で、
肺炎にならないように頑張って車椅子に乗ることはなく
食べられなくなったね→補液してみて改善するかね
→しないね→このままなだらかに低下して
穏やかに終末期を過ごそう→死 
という選択 

(私はセルフネグレクトと言われようが
この例のようが良い
食べたくないことを病気として
病院に連れて行かれたとしても
治療は受けたくない
孤独死は周りに迷惑がかかるから
そういう意味で連れて行かれるのはOK)


誰のための入院なのか?
誰の意思を尊重するべきなのか?

食べない・食べられないことから
胃管を入れることについて現在の本人が
「止めて」と言っているのにそれを認めないのは
老いを許さないということだろうか?

「全量食べてください」「食べないと胃管です」
これってそういうことではないのだろうか?

だって体力の低下もエネルギーの消費量の低下も
摂取量の低下も、当然の老いなのに
「食べないのはおかしい」って治療とされて
食べないなら胃管、って
老いを終末期として認めてもらえないのだろうか

そして胃管を入れられて拘束されて
老化によって消化管が動きが悪いと
また薬を投与されてお腹を動かされて
「歩いて」「せめて車椅子乗って」って
息切れしてるのに「まだまだ頑張って!」
車椅子でトイレに連れて行かれる

「拘束してないと隙あらば抜こうとする」って
短時間しか拘束を外せない状態になる
そりゃ患者にとって嫌なことをし続けるんだから
拘束し続ける結果になってしまう

患者の人権はどこにあるんだろうと思うわけです

患者が望んでいるなら良いんです
「1日でも長くベストの状態で生きたい」人から
「もういいです、ラクに生きたい」人もいるわけです
(今は本人の考えとして聞くことはできないけど
これまでの本人を考えると「こう考えるだろう」
というのがあるハズ)


人生の選択肢は幅広くあるべき

でも「生きます」「頑張ります」という選択は
すごく支援されるけど
「もういいです」はなかなか選ばせてもらえない

そこに「患者は判断能力があるのか」と問われると
認知症やうつ病や高次脳機能障害で
「快・不快は訴えられるけど判断としては…」
という状況だと本当に「じゃあキーパーソンの考えを」
ってなる


ハイじゃあ家族の方~~~
急変のリスクもありますので併せて説明します

キーパーソンの家族が
「急に入院したからわからない」
「病院にいるからには死なないですよね」
「本人の年金がないと困るから」 

え…なんか最後の人すごい理由出てきちゃった

回答の文言としては様々あるけど
だいたいは「頑張ってほしい」という分布
もしも心停止となった時、なんて
「そんなこと急に言われてもわからない」
ってなることがほとんど


人間、生きてるからには死ぬんです
動物なんだから、生きてるんだから

特に高齢者はこれまで指摘されてこなかった病気が
入院後に分かったり解剖で初めて分かったりする
ことも多い

(人間ドックを通過して入院してくるわけではないから
これは見落とし云々の話ではない)

それを「どう生きるか」「その人が大事にしてきたもの」
というのを答えられない家族は多い
「そんなの言われてもわかりません」

家族ってなんなんだ

「そういう話今まで全然してこなかった」

「私はお父さんが死ぬのなんてイヤ」
そら嫌だろう、だけどここでの論点・考えて欲しいのは
「本人はどうしたいと思うか」であって
家族が良いか嫌かを聞いているわけではない
(参考程度には聞くけど)

「生きる」、さらに「よく生きる」って何か
「本人が大事にしていること」
こうなったらこういう選択を
するだろうなあと相手のことを理解する力
選択する責任に重みを感じながら決定できる力

これを何も考えずに
「わからない」と丸投げするのは
あまりに本人が気の毒なわけです

でもなぜ家族が「わからない」「決められない」
のかと言うと、「話し合ってないから」
「人となりを理解していないから」
(家族なのにー。っていう人は
実際話し合ってみてください、結構ズレてるから)


アドバンスケアプランニングについて
どうか皆様で話し合ってください
「まだ遠い先のこと」と思わずに
毎年毎年、これまで大切にしてきたこと、
今現在の意思を確認しあい、家族で共有してください
何年かに1度の帰省の際も意思確認として
場面を有効活用してください

その人が患者となった時に
その人らしさを大切にして
その人の意思に沿った、その人にとっての質
というのを考えてあげてください
自分軸でなく、家族その人の軸です
(逆に、自分が患者となった時には
どうして欲しいか、という意思表示もする)

いざとなったら決定に迷うことだってある
その時は「先生の親御さんや高齢のご家族の
場合に置き換えて考えたらそれは選択しますか」
と聞いてみてください

人生の最終段階における医療やケアの提供について
「本人の意思が尊重される」ように
家族は慎重に検討していただきたい

「あの時こうしておけばよかった」
「あんたが決めたんだからね、私は反対だった」
なんて後から家族の間で揉めることがないよう
サインした人だけが決定責任を
重く背負わされることがないよう
家族で「これで良かったんだよね」と納得できるよう


生きる、ってそれだけ責任があるんです
「何にも考えてこなかった」ではなく
「どうやって生き抜くか」を各々が責任を持って
お互いに納得しながら生きていってほしい、
と思うこの頃です




nice!(32)  コメント(9) 

ヒナ、星になる [ネコ]

6月初旬のことだけれど
18才のロシアンブルー、ヒナが死にました

一昨年ぐらいからじわじわと痩せていき
「夏は越せないかも」「冬は越せないかも」
とか言いながらそのたび元気に戻ってきて

ただ尿量はすごく多いし
多飲多尿で腎不全かなーとなりつつ
一度獣医さんにも連れて行ったけど
生き物が生きるということをどうとらえるか
家でもよく話し合って、本ネコが嫌がることは
しない、としてそのまま経過を見ることにしました

ヒナはクロのお友達として
18年前に近隣のペットショップで買ってきたのだけど
人間が好きなネコで、クロ以外の他のネコのことは
大っ嫌いでした

フクが来た頃もわざわざ寄ってくるのだけど
フクが「わーい」と近寄ろうとすると
それ以上近づくんじゃないよ!と威嚇をして
フクは随分と怒られてばかりでした

お餅君とは青い眼の猫同士仲良くなるかなと
思いきや、お餅のフレンドリーさに
「気安く近寄るんじゃないよ!」と威嚇しまくり

カリンちゃんに至っては
「この雑種!」とでも言ってそうな勢いで
威嚇していました


なぜか晩年やってきた金時と丹波黒には寛容で
親愛!と頭突きをされてもハイハイと流していて
威嚇していなかったのは謎


私も爪切りのとき威嚇されて噛まれて
顎をぶるぶるさせながら本気噛みしてくるもんで
手のひらと手の甲に、貫通には至らない穴が
しばらく残ったりしたなぁ


この2年ぐらい「お婆ちゃん」と言われていたけど
最後まで気高く、お昼まではチュールも食べて
トイレも自分で行き、
認知症でもなく「好きに生きている」感じでした


夕飯を遅くに食べながら傍で見ていたら
ブビーという音がして、下血をしたので
洗面台でお尻を洗いました

その後はもう立てなくて、
畳んだタオルの上にオムツシートを乗せて
寝かせました

夜中に段々と呼吸が浅くなってきて
オットに「そろそろかも…」と知らせて
二人で見守りました

金時以外のネコたちが代わる代わる来て
ケージ越しにじっと見つめて
去っていくのは、分かっていて挨拶をしているのか
ただの興味なのか?

でも寝ているヒナを見に来る、ということは
これまでなかったので
やっぱり挨拶なのかもしれません


たまに息継ぎをするように呼吸し、
舌がしまいきれなくなり
最後にグーっと伸びをして止まりました

午前0:28でした

翌々日までうちに置いて、夜勤明けの日
実家のネコたちやクロが眠るお寺の霊園に
連れて行きました

ヒナは唯一、クロのことだけは慕っていたというか
認めていたから(自分の方が後からきたからのような)
向こうで落ち合えるといいな

ヒナ、バイバイ
18年楽しかったね
虹の橋のたもとで待っててね


幼少のフクにも手加減なし
IMG_9967.JPG

まだまだ全盛期
IMG_9966.JPG
気高く、最後まで立派なネコでした



nice!(26)  コメント(18) 

ツケモノ、高速デビューする [バイク]

先日オットとのツーリングで
初めて高速道路に乗りました

今回のテーマとしては「高速道路を走る」
ということで、目的地は本牧のシンボルタワー

そもそも私は曲がることが苦手
高速道路に入る分岐からして車と同じ速度で
曲がれるのかどうか…

と思っていたけれど
案外アッサリと曲がれました

往路は第三京浜で保土ヶ谷まで行き
私が若かりし頃に車の免許を取った
関東自動車学校の下を通って本牧に着きました
IMG_0225.jpg
なんでこんな離れているのかというと
心の距離

ってことではなくて
単純に「左が若干高くなってるところを避けた」
らこういうことになった
(以前バイクを蹴り倒したエントリをしたけど
私はローダウンしているけど
ショートスタンドにはしていないから
左が高いとバイクが直立して危ない)

木陰で水を飲んで20分ぐらい休憩
まだ8時半

この杉玉みたいな実なんだろ
IMG_0229.jpg
木になんか貼り紙してある

「ヒアリに注意」全然関係ねぇ~~

帰って調べたら鈴懸(スズカケ)の木
プラタナスともいうらしいです
(けど厳密には違うものっぽい)


復路は新山下からベイブリッジを通って首都高

首都高は風が強い
そして橋の柵が低くておっかない
ベイブリッジは事故の後のようで
割れたガラスやウインカーの一部
のような破片がたくさんある
踏みたくないよぅ

ベイブリッジに入り始めたところって
よく事故が起きる
昔オットを迎えに行く時もまさに!という
事故現場に遭遇して
抜けるのが大変だったことあったなー

首都高で初めて95km/hを出しました
往路の第三京浜は遅いトラックの後ろで
ずっと70km/hだったので
首都高でどんどん回していくのは本当に初めて

風を遮るものがないのと
トンネルの中でも車の中だと感じない向かい風
吹き上げてくる風がつらい
姿勢を低くしてオットについていく

オットはいつもと同じ姿勢だけど
風に煽られないのかなぁ

首都高を降りて第三京浜へ
第三京浜に来るとやっぱり随分とペースが穏やか
(そら法定速度が違うから)

「お腹が空いた…」と呟くと
途中のPAに寄ることになりました
IMG_0234.jpg
かき揚げそば
IMG_0230.jpg
この時朝9時ちょっと過ぎ
朝からかき揚げ蕎麦って
って感じだけど、私はどうやらバイクに乗ると
めちゃくちゃお腹が空くタイプらしい

オットは空腹を自覚しないタイプで
普段と逆転

お蕎麦美味しかった
なんだか元気だ

インターを降りて一旦停止をぴたーっとして
進んでいったら警察官たちが張り込んでいて
おおっ、警察だった!と言いながら
なんとなく会釈したらウンウンと頷かれた笑

私たちは停止線で一旦停止をすることは
かなりちゃんとやっているし
車線変更が可能なラインとか
結構ちゃんと理解している…と思う

バイクに乗るようになって
一旦停止をずるずる徐行で進んでいく人や
車線変更禁止の線なのに黄色でなければOKと
思ってるのかな?みたいな人が
たくさんいることに本当に驚いている

まさか来ないよねと思うところで
どんどんやってくる違法な運転が多い


「このまま寒川行けるぐらい元気です私ー」
と言うと「じゃあ行こうか」

寒川はもはや我々のバイクの練習コースとなっている

坂道とか踏切とか渋滞のSTOP&GOとか
いい感じに課題がたくさんあって良い

いつも渋滞しないところですごい渋滞がありつつ
風が吹くと涼しい

コンビニで水分補給しながら寒川神社に到着
CBRがいるでないの
隣に停めさせていただこう
IMG_0237.jpg
2021モデルかな

寒川神社に行くと茅の輪が置かれていました
そうだ、前回来た時に6月末にやると書いてあった

くぐろう
IMG_0245.jpg
カップルは二人で一緒にくぐっているのに
オットに「早く行きなよ」とか言って
1人で行かせる鬼嫁

左に回ってくぐって右に回ってくぐって
IMG_0249.jpg
最後またくぐって
IMG_0252.jpg
そのままお参り
IMG_0254.jpg

オット、なにを祈念してるんだろう
あの人、バイクの鍵持ってないことにも
気づいてないけど…
IMG_0257.jpg
そうなんです

オットは同じCBR40Rがいたことに喜んで
写真を撮って鍵をそのままシートに置いて
行ってしまったのでした
IMG_0238.jpg
ズームアップ
IMG_0238r.jpg
いらっしゃる…

いつも私のことを世話の焼ける奥さんだと
ブツブツ言っているけど
オットだって私が世話焼いてるんだよ
割れ鍋に綴じ蓋なんだって

そんなことは黙ったままかき氷を食べます
IMG_0260.jpg
抹茶風のの甘いシロップ
ただ濃い抹茶掛けてくれたらいいのに
ってぐらい、水分として体に入れたい

帰りの駐車場で案の定
「あれ、鍵どうしたんだっけ」
「え?本当に鍵がない」「やばい鍵落とした」

「落としてないよ置きっぱなしにしてたんだよ」
と鍵を出すと「見つけた時に言ってくれればいいのに
勿体付けて性格が悪い」
「はぁ~?性格悪いじゃないんだよ
痛い目みなかったらいつまでもいつまでも忘れるでしょ
マンションの機械式駐車場のキーも何回忘れたよ
痛い目見たって忘れるんだから
それにしたって盗まれたら帰れないでしょ
素直に感謝しな」
「まぁ…ありがとう…」
分かりゃいいんだよ

そうしたらCBRのオーナーさんが戻ってきて
「あっ、一緒ですね、今年モデル?
フォークが違うなと思いました」と話しかけてくれた
やっぱCBR400Rを選びそうな人だな、っていう
良い人だった

バイク乗りって良い人と悪い奴と鬱陶しい人に
ものすごく分かれていて
車よりその辺区分がハッキリしている気がする
その辺は選ぶタイプとかメーカーとかカスタム具合で
だいたい見当が付く(例外もいるけど)

我々はさっきまでの小競り合いはなかったかのように
笑顔で話すという取り繕い夫婦


あ~~私お腹空いた(また!)
お昼は通りかかった焼き肉屋さんで
食べることにしました

焼肉なんて何年ぶりかしら
オットは牛肉も豚肉も食べると下痢をするもんで
(よく噛んでないからなんじゃないか?)

配膳ロボットがやってきた
IMG_0267.jpg
すごーい 時代なんだね

でも子供の頃から思うと2020年代なんて
もっともっと未来な生活しているかと思ってた
案外とそうでもないけど
人間の仕事として確かにロボットが入ってきて
これからどうなっていくんだろうね

とか言いながら焼肉を食べて帰宅

途中戻るために入った道でどえらい苦労をすることに
なったけど、後でドラレコの映像を見たら
「当事者にしかわからない苦労」の映像だった

それでも転ぶこともなく
冷静に判断しながらアクセル回して半クラッチで
リアブレーキ引きずりながら鋭角の坂道を登って
教習所の基礎がものすごく役に立ってるな

なんだかんだでちょっとずつだけど
公道での技術も身についてきてる

もともと車に乗っているというのは大きいのかも
これバイクしか乗ったことない若い人だったら
だいぶ難しいだろうな、と思うようなことも色々ある

学習と経験て大切だわ
自分自身の傾向みたいのも理解しているしねぇ、
って言いながら無事に帰宅


帰ってお風呂に入ったら夜までグーグー寝ました
いや~高速疲れたなぁ~~~





nice!(22)  コメント(6) 

あんずジャムを作る [季節行事]

あんずというのは2週間ぐらいしか
収穫時期がなくて、一気に生ってドサッと落下
という梅にも増して忙しいものらしいです

今年はたくさん生ったけど暑くて熟しが早くて
本当に大変らしい

オットの好物であるあんず、
今年も信山丸を4kg購入しました 
梅に比べてえらくカワイイ量


2kgはシロップにします
IMG_0197.jpg
オットは梅もあんずもシロップのソーダ割が好き

2kgはジャムにします

種を外した状態で2kgあったから
多めに入れてもらってたてことです
IMG_0201.jpg
グラニュー糖を30%
今回はそのまま食べても美味しいぐらい
あんずにしては糖度があって
煮てみて足りないならまた足すことにする

一晩でこのように水が上がります
IMG_0208.jpg
水分はあんずの水分のみで
なにも足していません

これを煮ていきましょう
IMG_0212.jpg
アクを時々掬いながら焦げないように
強めの中火でグツグツ20分
IMG_0215.jpg
コトコト煮ません

長く煮るとフレッシュ感が減った挙句に
水あめみたいになるから
旬をあっという間に瓶詰にするのが好き
IMG_0217.jpg
種を割って杏仁の皮を剥いて1個いれておく

軽く蓋をして脱気
IMG_0218.jpg
15分したら引き上げて蓋をギュッと締めて
逆さにしておきます
IMG_0219.jpg
なんで3つになっているかというと
最後に1個、トングから外れて鍋の中にぶちまけた


ちーーーーん
種割りで苦労して握力が限界だった

まあしかたがない、
瓶の半分ぐらいが流れてしまったけど
半分は無事だったてことで

作りたてをオットに出したら
「うーん、去年の方が好き」

なんだって
今年の方が香りが良いよね

「なんだろう、去年の方が酸っぱくて
あんず棒っぽい」

グゥ 去年作った時は「去年の方が好き」って
言ってたくせに…

でもこれは温度も関係しているから
翌日の判断にしよう、としたら
翌日「あー美味しい」そうだろ


しかし翌日の私の右薬指ときたら…
IMG_0224.jpg
第二関節に水泡ができました


あんずの種を和くるみ割りで
どんどん割っていたのだけれど
途中で手が痛いなとは思ってた

けどそのまま最後まで割り続けてたら
赤くなっていたから、マメになったーとか
言っていたら、翌日ビシッと水泡に…

あらららら ツーリング行く予定で
バイクのアクセルを回す手が…...…

絆創膏貼っておけば行けるだろ

あーやっちまったな~~って
ドスーンとソファに座ったら「アイターーーーー!!」

なんかお尻に刺さった!!

なんだこれ
IMG_0220.jpg
あんずの種のカケラでした


前日に自分でビシビシ割って
跳ね飛ばしてたカケラ、回収できてなかった
まさかマキビシが自分に刺さるとは

チックショー 

あんず太夫





nice!(21)  コメント(6) 

今年も小田原の十郎梅を漬ける [漬物]

6月半ばに小田原に梅を買いに行ってきました
いつもお世話になっている昇珠園さんです

「バイクで行くの?」
いやそんなことしたら梅どうやって持って帰るのさ
当然車で行きます

さて15時頃農園に到着

箱を作っていただいている間に梅林に失礼します

このように収穫中
IMG_0042.jpg
お手伝いの方が「上の方、鈴なりですよ」
と教えてくれて、足元の梅を踏まないように
注意しながら山の上まで進みます

なってるなってる
IMG_0056.jpg
粒がたくさんある
IMG_0068.jpg
プチッ コロコロ
プチッ コロコロコロ……
IMG_0044.jpg
梅の実が枝から弾けて落ちてくる

陽の当たったところは赤くなる
IMG_0060.jpg
かわいい
IMG_0067.jpg

今年は花の時期に寒くなったので
例年のド迫力という感じではなかったけど
それでもたくさん成っていました
IMG_0065.jpg
あ~~かわいいな~~

さて戻って梅を選んでもらいました
IMG_0071.jpg
サイズは無選別でーと言ってあったけど2L中心に
作っていただいた(2Lは使いやすくて好き)

農園のアイドル みーみ
IMG_0072.jpg
しっぽ君もチビ太ちゃんもいたんだけど
写真撮っていなかった

みんなのびのびと暮らしてていいな

他に南高梅や白加賀もも持たせていただいて
ワクワクしながら帰ります

そうだ、ジェラートも食べて帰ろう
IMG_0077.jpg
お向かいのアイス工房で湘南ゴールドと足柄茶
IMG_0079.jpg
(オットは梅酒だったかなんか忘れた)

無事に帰宅
IMG_0080.jpg
我が家のネコたちも入れ代わり立ち代わり
「なんだこの箱」と見に来ては
興味無さそうに去っていく

「あーこの箱が来たらお母ちゃんがダメになる、
ってみんな知ってるんだよ」

失礼ねー

ヘタ取りをしてしまって熟度を3つに分けて
今日つける分からとっとと着手

あ~~家中いい香りだわんね~~~

梅を洗って今年の水まんじゅう
IMG_0117.jpg
優しく水分を拭いたらジップロック
IMG_0118.jpg
ジップロック組はこういうの中心の2kgぐらい
IMG_0127.jpg
触った時に柔らかくなっているものとか
多少熟しが進んでいて色が濃くなっているものとか
いつもいうけどこういうのは
本当に極上の梅干しになるから
「傷んでる」とか言って送り返したり
間違っても捨てるようなことは絶対ダメ

こういうのは超良い梅ですので
優しく洗ってすぐ!漬けてください
すぐに梅酢が上がってホタホタの梅干しになります

こっちは甕組
IMG_0132.jpg
分けていただいた原塩で漬けるのだけど
塩はどんどん下に落ちていくものなので
私は塩の9割を上からどさっと乗せます
IMG_0135.jpg
漬けているうちに梅から水分が抜けて
塩が崩れて下に落ちていきますから

傷があるけど、ってオマケに
戴いた南高梅はジャムにしようと思ったけど
傷って言っても全然大したことないし
一部選抜してやっぱりこっちも梅干
IMG_0169.jpg
近年我が家の梅干しは十郎一択だからな

そしてジャムもやる
IMG_0167.jpg
2回茹でこぼしてからお湯を切って
50%程度のグラニュー糖をかけておく
IMG_0168.jpg
この水分は梅から出た水分のみ
これを強めの中火で10分煮て
種をより分けて完成です

瓶詰め
IMG_0161.JPG
白加賀梅はシロップ
IMG_0189[6749].jpg
1週間経過した時の写真がコチラ
(今はもっと梅が縮んでいる)

シロップは特にオットの好物で
炭酸割にして夏場よく飲んでいるし
この炭酸割に梅干しを千切って入れて
ゼラチンで固めるとか夏らしいキラキラのゼリーになって
急にお客さんが来るとなっても大丈夫
サッパリとした美味しさで私も好き

今年は青い白加賀でこの瓶が3つもできて
あなうれし
白加賀って本当に水分が多くて
あっという間にジュースがたくさん出来た
後は種から香りがまだまだ移るだろうから
あと2か月ぐらいはこのままにしておく

先週は農協で赤紫蘇も無事にGet
IMG_0085.jpg
開店30分前に行って紫蘇を買う!と宣言して
「なんで休みの日に平日より早起きするハメに…」
とブツブツ言われながら直売所に行ったら
2番だった

1番はお爺さんだからまさか紫蘇は買わないだろう
良かった…と思いきや、
このお爺さんも紫蘇をたくさん買っていて
私とお爺さんと後ろのオバさんと3人でほとんど買占め

あー危ない危ない、買いそびれるところだった
持参したゴミ袋に入れて帰ります

今年のオット 「なんで毎年ボクが…」
IMG_0087.jpg
ねー、今年も無事に買えてよかったよね!
「いやそうじゃなくて…」 え、なにが?

去年悩んだAさんとBさんがまた出品していたけど
やっぱりBさんの方がアクが少なくて発色が良くて、
値段はほぼ倍だったけどその価値はあると思う

少し不足分Aさんのを買ったのだけど
もはや保存は一緒にする
IMG_0112.jpg
今年は白梅酢を取っておくことにするので
赤紫蘇は白梅酢を入れて発色させて
鯨肉状態のままもう少し冷蔵庫で保存です


今年もまた直接農園に梅を買いに行って
漬けることができてありがたい話です

昇珠園のご夫婦もお元気そうでよかったな


6月はなんだかやることがたくさんあって
仕事もそれなりワサワサと忙しい
梅干し食べて免疫上げて乗り切ろう




nice!(27)  コメント(6) 

ツケモノ飯店 気まぐれ営業日 [ごはん]

夜勤明けで買い物しながら帰ったら、
あれ?昨日「明日は春巻きと何にするって
言ってたんだっけな
春巻きとシュウマイ?春巻きと餃子?」

ちょっと思い出せない......

皮が違うぐらいであとはキャベツと椎茸の
違いぐらいか

昨日椎茸を多めに戻したけど
それは春巻きの他が焼売だからか?
なんかその時点で迷っていたような

よく分からなくなったけど
早く帰りたいから
皮は両方買っておけば良いか
家で思い出せばいいや

帰って聞いたらオットは
「春巻きと焼売て言ってなかったっけ?
餃子でもいいけど」

そうしたら
急遽ディーラーの担当さんが来ることになって
「じゃあ全部やろうかな」てなった次第

これから蒸すぞー
このセイロは萬力屋さんの檜のせいろ
4F6A5625-167D-4E01-887B-464FF892705D.jpeg
スナップエンドウから豆を取り出して乗せて
エンドウのガワは刻んで春巻きに入れた
他、春巻きの中身は鶏胸肉を茹でて細く割いて
ヒゲを取ったモヤシ、千切り人参、
掘って茹でて保存しておいた筍の細切り
戻した干し椎茸の細切り、これらを
炒めて餡でまとめておいたものです

できたー
4A42B04A-6E48-4261-8373-1D628BE0F44B.jpeg
3種+サラダ
A87F353D-9CBE-4F3B-AE31-8310E2273F9D.jpeg

オットは「春巻き美味しい、
シュウマイ美味しい、
餃子も美味しい」て喜んで食べてたけど
私は夜勤明けであまり食べられなかった
やっぱり夜勤明けは胃も眠い

でも夜勤明けだと鶏胸肉を細く割く、
なんて地味すぎて手が掛かることも
ダラダラしながら出来てしまうから良い

久しぶりにご飯作って楽しかったな


nice!(30)  コメント(12) 
前の10件 | -